プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢。  アレン・ジョンソン 110メートルハードル
悪夢とはこのことだろう。
男子110Mハードルで、絶対的な王者アレン・ジョンソンが敗退した。しかも、二次予選の段階で、である。ありえない敗北だった。

原因はハードルを倒して、バランスを崩し、倒れてしまったためである。陸上競技をよく見ておられる方は彼のことをご存知だろう。
彼はハードルをなぎ倒しながら進んでいく、脅威のランナーである。

普通、ハードルを倒すことによって、余計な力が足に負担としてかかる。そのために、タイムは遅くなるはずなのである。しかし、彼は違う。倒すことによって、それが最短距離になってしまう、ある種意味わからない選手なのである(まぁ、実際には上手く「当てる技術(足からむやみに倒しているのではない)」、倒してもびくともしない「バネ」と「スピード」、そして「力」をもっていることで、説明はできるが)。

その彼が、ハードルを倒して前に倒れる。こんな光景は見たことがなかった。無残な姿だった・・・。

敗因は説明できる。

明らかに、彼はバランスを崩していた。焦っていた。そして、リズムがくるってしまった。

例えば、みなさんがラップをカラオケで歌うとしよう。
たいてい歌う人はリズムと韻を踏むために、歌詞も大体頭に入っていて歌っている事だろう。多分そうしないとちゃんと歌えない。そこで、一度歌詞を間違う(もしくはとまって)といい。すぐには戻れないだろう。

それと同じである。
ハードルはリズムのスポーツだと思っている。

あの距離を3歩なら3歩ときっちりとした反復練習で体に覚えさせる。また、ハードルはみなさんが小中学校で使っていてイメージするハードルよりもはるかに高い。なので、足腰には負担がかかる。

狂ったリズムはすぐには取り戻せない。

ここに悪夢が起こった。
ちなみに女子100Mハードルでも同じく世界王者に同じ「悲劇」が起こった。

もちろん、指摘されているハードルの軽さもあるだろうが、それは理由にはならない。明らかにおかしかった。

波乱に満ちたハードル。さて、誰が勝つのだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/448-bbe933a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。