プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇的(決T5:イタリア対オーストラリア)
06月26日 イタリア VS オーストラリア
http://wc2006.yahoo.co.jp/result/812738.html

劇的といってもいい。ロスタイムにPKを頂いた(笑)イタリア、トッティがきっちり決めたあとに終了。劇的な形で幕を閉じた。

ただ、審判の判定にも疑問を抱かせるものも多かったです。
PKの件もそうだし、マルコ・マテラッツィの一発にしろ厳しいかなぁと感じたし、その他見逃したシーンはいくつもありました。まぁそれもフットボールなんでしょうけど。

オーストラリアについて、今日はヒディングの交代の遅さってのが引っかかりました。確かに数的優位だったし、このまま延長戦、ということも見据えて交代を考えていたと思うのですが、そのカードを使う事無く敗退しました。こういう事って往々にしてあると思うんですが、少しもったいないかな、と。でもあんな幕切れは誰も予想してなかったでしょうからね。仕方ないです。オーストラリアは強いし、いいチームだったと思います。少なくとも日本よりははるかに突破するのに相応しい国だったと思います。ルカ・トー二の攻撃も再三とめてましたしね。

さて、イタリアです。どういう形にしろ、勝ち上がっていく、というのはこういうことです。決めるときにきっちり決める。
多分、今大会イタリアを推した強さの理由がここにあるような気がします(とはいえ選手の動き、ちょっと気になりますが)。
しかも、決まったのはPKですよ、PK。イタリアのワールドカップといえば誰しもが忘れられないロベルト・バッジョの悲劇。
トッティは非常に落ち着いてましたね。表情にものすごく覚悟というか、強さを感じました。

アッズーリはこれを乗り越えて、更なる高みにいざ昇らん。


イタリア 1-0 オーストラリア
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/381-31927e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。