プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

達成するもの、途切れるもの
昨日横浜の石井選手が2000本安打を達成した。
しかも、投手として1勝あげているのはあの川上哲治さん以来二人目との事である。

個人的に彼のイメージは「苦労人」である。

ドラフト外で投手として入ったがまったく芽が出ず、野手に転向。以来14、15年。安打数は毎年着実に上げて、球界を代表する選手になったが、チームが横浜という少し華やかではない部分、そして大怪我に伴うスランプなどもう終わった選手と言われたこともあった。

それでも、彼は挫けず、這い上がって今ここにいる。

4番ではなく1番としてチームを引っ張ってきた事も日本人好みなのかもしれない。入団以来大洋(横浜)一筋である点もそう思わせる(ずっと弱かったからね)。
ただ、あきらめない姿勢は本当にチームのバンディエラであり続けた。

そして、彼はヒットを打つ度に福祉団体へチャリティーとして寄付を続けている。

こういう数少ない「プロフェッショナル」の選手はもっと
賞賛されてもよいのではないだろうか?

どうしようもない野球界の中で本物は確実にいる。
だからこそ、興味を失ってもなお見るべきものはあるのだろう。

すばらしい漢である。


そして今日。
松井秀喜の連続試合出場がストップした。
映像を見たが、見事に手首が逆にひねってしまっている。
多分、あれだと筋を伸ばすどころか最悪骨折してると思う。

WBCにも出場せず、彼が唯一といっても良いほど
こだわっていた「記録」である。
(契約条項にも加えていたという一説もあるぐらい)
それもストップした。もう踏んだりけったりである。
明日は多分無理だろうし、記録がストップした彼の心中はどうなのだろうか。逆に今後楽しみである。

ちなみに彼も日米通算2000本安打まであと20、30本だったと記憶している。これもすばらしい記録ではある。

ただ、石井選手と松井の2000本安打はまったく違うようにも感じてしまうのだけれども・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/374-69ae78ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。