プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき偉業
スピードスケート 1500m

この競技は陸上で言えば800mといえばいいのだろうか。
短距離選手には残りの400Mはとてもきつく、長距離としてはペース配分が短距離寄りなので、スプリントの力を持ってないと厳しいからである。そういう意味でスピードスケートでは一番面白い距離だといってもいいのだが、それを制したのはなんとなんと地元のエンリコ・ファブリス!!!!

彼が初日に5000Mで史上初めてイタリアにメダルをもたらし、感動を呼んだ選手であったのは、以前の日記にも書いた。
そしてイタリアは追い抜き団体でこれもびっくりした金メダルを獲得した。そして今日、スピードスケート個人競技としても史上初のイタリア金メダリストが誕生した。

これでファブリスは金メダル2つに銅一つ。

1000Mではこちらも史上初めて黒人王者となったシャニー・デービス(今回の優勝候補)がわずかに届かず銀で、5000Mで金を獲ったチャド・ヘドリックが銅。500Mはジョーイ・チークが獲ったために個人5タイトルのうち3つをアメリカが獲得していたのだが、この金はイタリアがもぎ取ってアメリカの牙城を崩した。
(ちなみにチークが1500M9位。1000M金メダリストが2位で、5000M金メダリストが3位、そして500M金メダリストが9位というところにこの距離の難しさを端的に表している)

そう、まさにもぎとったといえる最終ラップ。
ただ、1人1分45秒台で回ったファブリスは圧巻の一言だった。

彼はこれで間違いなくイタリアの英雄となり、この大会の主役の1人となった。地元開催ではやはりこういうマジックというか選手が出てくるものなのだが、1500Mという距離は本当に力がないと取れない競技である。

驚きと共に、これは素晴らしき偉業であるのは間違いない。
スポンサーサイト

テーマ:トリノ五輪!! - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/347-3325de92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。