プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の強さがそこにはある ギリシア対チェコ
えぇ、もう後何時間で決勝が始まります。ようやく寝不足から解放されるという安堵の一方、終ってしまう哀しさも当然あります。

で、すっかり忘れてました、準決勝ギリシア対チェコ。もちろん、ライヴで観てたんですが、まぁ、ばたばたしてたんで・・・。

もちろん、ネドヴェドの負傷交代は結果としては痛かったです。チェコも押してました。けれど、ギリシアに受け流されていた感はいなめませんでしたね。

ギリシアはキングオットーの規律正しいサッカーを完璧にこなしていました。まるでカテナチオのイタリアとシステマティックなドイツの強い所を併せ持ったかのように。まさに、してやったり、な感じで。どこかのテレビ局のスローガンみたいなタイトルですが、非常に強いサッカーです。全員一丸となったサッカーは、何度も言いますが、日本のチームの参考になるんじゃないでしょうか?アジアの中では「個」が輝けるかもしれないけど、アジアを越えた戦いでは、そうはいかないだろうし、こういうサッカーは強いですよ(北欧もそうだけど)。是非。

しかし、レハークーゼンはギリシア国籍をもらったり(問題はなければ)といまや英雄ですね。就任直後は、やはりメンタルな面や政治的な面で苦労したようですが、それを「結果」で黙らせるという事は並大抵ではないでしょうが、確固たる意識と采配はアドやサエス、トラップとは一線を画した采配であった事は間違いないでしょう。

確かに、じゃあ次の大会があったとしたらすぐにまたギリシアが決勝進出か?にはならないでしょう。
しかし、ここまで上がってきたのは1992年のおとぎ話のデンマークのような勢いではないはずです。

自分達の身の丈を分かった上で行なえるサッカー。もっと言えば、監督が戦略としての目的を明確に持って、きちんと指示でき、選手達は自分達の事を分かった上で、どういう動きをして監督の戦略に合う戦術を「きちんと
」行うことができるサッカー。実はこれって本当に難しい。

それをもっているチームは本当に強い。本当の強さがそこにはあるんです!それはミナクルではなく、必然として。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/335-45f9a9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。