プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想通りの王座陥落 フランス対ギリシア
EURO2004準々決勝 フランス対ギリシアは0-1でギリシアの勝利。前回大会覇者はここで姿を消した。

私は6月21日にギリシアが予選同様そつのないサッカーをすれば、可能性はある、と書いた。まぁそのとおりになったわけだが、それには単純にフランスのふがいなさ、というものがあげられる。

ギリシアは自分達のサッカーができた。
フランスはアンリ・ジダンを始め、特徴的な選手も「全く」機能せずに、自分達の持ち味を発揮する前に、攻撃を断ち切られた。

この試合、ギリシアのつぶしはフランスに仕事をさせなかった。そして,フランスはミスが非常に非常に非常に多かった。

ゆえに膠着した試合になる(=見てても面白い!という感じではなくなる)。そこに後半サイドからのクロスにヘッドで綺麗にあわせて一点がはいる(余談だがギリシアの放ったシュートは全て枠内にいっていた。フランスはそうではなかった)
上記の理由から、フランスに返す力など残ってはいなかった。っていうか、見てて、追いつけるなんて全くもって思わなかったけどね。雑すぎ。というよりも、ギリシアの堅固な守りと積極的に攻めるという気持ちは素晴らしかった。

今大会は絶対的な強国とは全く思えなかったフランス。それでは覇権を勝ち取るのは無理だったろう(元々優勝できないだろうとは思ったが)。

この試合は波乱や番狂わせという「視点」で扱われることになるだろう。
しかし、そうではない。試合を見た人なら分かると思うが、ある種の必然を伴った結果であるという事を
。それほど、ギリシアは臆せず自分達のサッカーができていた。

そういう「自分達の立ち位置」がわからないまま勝ち抜けられるほど甘い大会ではない。

自分達のサッカーが出来たギリシア。
自分達の立ち位置がはっきりしないまま試合をしているフランス。その差は大きい。

こういう事が起きてしまうからサッカーとは面白い。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/331-8c045360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。