プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかまさかの亜細亜大学 すばらしく初戴冠
波乱の箱根。
今年の箱根は何かが違った。

往路6位の亜細亜大学が9区でTOPにたち、最終区でも危なげなくその座を守り初優勝。
正直言って、関係者以外注目してなかっただろう伏兵が間隙をぬってその座をつかんだ。

往路優勝の順天堂は6区の選手が59分代できっちりと仕事をして、7区でも3分以上のリードを広げ、このまま行くかとおもわせました。

しかし。

魔の8区。TOPの順天堂大学のキャプテン難波が脱水症状を起こす。ふらふらになり、太ももを立たいて必死になる姿。駒大が抜き去ったときに見せた絶望感。足を止めても前に進もうとする姿。しかし、4位で「重い」たすきをつなぐ。そこにも箱根のタスキの想いが感じられた。

一方。9区に入って、駒大、亜大、山梨、順大、中大、日大の順に。

駒大の5連覇なるのか、という状況において亜細亜大の山下がひたひたと駒沢のあとを追い、ついに20キロ手前でTOPをとらえる。そして20キロを過ぎたところでスパートに引き離す。駒沢はついていけない。山下は区間賞を獲る快走で初優勝を引き寄せる。

なんとなんと9区TOPは亜細亜大!
だれも予想していなかった展開。

そして、最終区 亜細亜大3年の岡田は危なげなくその座を一度も揺るがせずにゴールテープをきり、優勝!

29回目にして始めての優勝となった。アンカーの岡田がまず胴上げされ、監督の岡田監督も続いて胴上げ。なみだと笑いのすがすがしい初優勝だった。


優勝:亜細亜大、2位山梨、3位日大、4位順天堂、5位駒沢、6位中央・・・
そして復路を優勝したのは総合7位の法政大学。往路15位からの追い上げはすばらしいものだった。

城西は20秒ぐらいの差でシード権を逃し、早稲田はまたもシード権内に入れずに13位にしずんだ。この2校はチャンスもあっただけに残念でした。

さて、めまぐるしくTOPが変わった箱根駅伝。
波乱は幕開けから最後まで途切れることなく続いた。
箱根の醍醐味と残酷さが同居した今年の大会。そして駅伝の面白さが凝縮したレースでもあった。とても面白い大会でした。

亜細亜の優勝で、ほかの大学にもチャンスとタイミングが合えば制することができると改めて感じただろう。しかし、すばらしい初優勝であったことは誰も否定できない。この優勝で亜細亜大がどう変わっていくのか。今後もとても楽しみだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/308-7c5ba3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。