プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仰木マジックは永遠に・・・
先ほど更新されたニュース・・・
仰木彬さんが亡くなった。

この人は「監督」という言葉がぴったりな人だった。

1988年の10・19と1989年の近鉄の敗北と勝利の2シーズンは
関西に居た私にとって忘れられないシーズンでもあった。
忘れたくても忘れられない雰囲気と衝撃が今でも思い出せる程である。

野茂をそのまま伸ばし、鈴木一朗を見出した人であり、
その場を沸かせる采配は本当にマジックと言ってもいいほど、ずば抜けた人だったと思う。恩師であった三原脩氏の三原マジックを継承した監督だった。
お客さんのことも良く考えていた。イチローをピッチャーとしたり、パンチ佐藤をイチローと対比させることによっての「見せ方」は仰木さんでなければ出来なかったと思う。

ああいう飄々とした感じの中に手が早かったり、熱いものがあった事は有名だ。そこに人間的な魅力もあった。だからこそ、イチローも野茂もいまだに何かあれば仰木氏のもとへと通っていた。そういう心を預けられる人でもあった。

野球界は大変貴重でかけがえのない人物をなくした。
この人は「プロフェッショナル」と呼べる数少ない一人だった。
残念でならない。ただただ、残念だ。ちょっとショックが大きい。

合掌。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/303-7ae46b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。