プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラン対ユベントス
ACミラン対ユベントスは3-1でミランの勝利。

1点目はセードルフが左サイドから真ん中にボールを入れつつ、自分も何中に走りこんでいく。すぐさまボールを貰ってシュート。DFの足に当たったようなシュートは強烈なドライブがかかって先制。2点目はピルロのFKからゴール前の混戦をカカが綺麗なボレーを決めて2点、そして距離のあるピルロのFKで3点(ブッフォンなら・・・(笑)。前半だけで3-0になりました。ここで思うのは、昨年のチャンピオンリーグの決勝戦なんですが、それも「トラウマ」というだけで、実際は一瞬頭をよぎっただけでした。

後半トレセゲが1点を返しましたが、そこまで。
セリエAを代表するこの2チームの対戦が意外な結果でミランが勝利しました。

この勝利はヨーロッパ随一とも言われるDF陣でした。イブラヒモビッチ、トレセゲに仕事をさせなかった点でしょう。ユベントスの1点はトレセゲが獲りましたが、あれもスタムがイブラヒモビッチをマークに行って、引っ張られてオフサイドにならなかった、という事はありましたが、既に3点差だったからまぁ仕方ないと言えば仕方ないでしょう。
イブラヒモビッチはまったく存在感がなかったですね。確かに今のユベントスの2トップはこの二人なんでしょうが、あまりにも透明人間のような存在感だったので、こういう時に活躍してしまうデル・ピエロをもっと早く出しても面白かったのでは?とか思いましたが、カペッロだからしないか、と自己完結。
あとはセードルフとガットゥーゾ。こういう選手が中盤でチャンスをつぶして試合を決定づける働きをみせてました。
ユベントスはどんどん時間がなくなっていくにつれ、焦燥感にあふれていいプレーができなかったですね。

混戦でもミランのディフェンスは落ち着いていたのに対し、ユベントスはなかなかゴール前での決定的なチャンスがないままに終わってしまいました。ミランの流れが最後まで変わることはなかったですね。会心の勝利だったでしょう。

ユベントスにもいよいよ土がつきました。これで勝ち点差2。もちろん、ユーべ有利には変わらないですが、これでまたカンペオナートが少し面白くなってきました。今日のような試合が出来ればミランもいいんですけどね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/276-1fe8b8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。