プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

という訳で代表戦より戻ってきました(爆)
いや、久々に行った、埼玉スタジアム2002(2002まで正式名称(笑))。日本代表対インド代表。席はVIP席のちょっと近くのメインスタンドど真ん中。いい席でした。やっぱ埼玉のようにサッカー専用スタジアムは陸上のトラックとかそういう余計なのがなくてピッチから近いので好き。とりあえず、7-0の大勝。私が行った日本代表の試合はこれで5戦5勝の無敗記録が守られました。よかった、よかった。

・・・・・っていうのはさておき、苦言を呈させていただきたい(やっぱり)。

こういう大勝した試合ってやはり集中力が大事ですよね。一応最後まで攻めてました。けど、なんかね、なんかやっぱり足りないと思うんですよ。インドのディフェンス陣は弱かったので、7点取れましたけど、いくら勝ちが決まっていたとはいえ、この程度の試合してどうするの?すごい余裕を見せたプレーが連発で、何やってんの?たまには、じゃないですよ。単調で、工夫がない。相手をなめたようなプレーをする必要性は全くない。

鈴木君。えっと、君は何する為に出てきたのかな?あぁー、ごっつぁんゴールをきめる為ね。

で、今回のワースト選手。ダントツの中村俊輔!
パスはいいですよ、はい。向こうのディフェンス陣にも助けられていいパスは出してました。得点にも絡んでるし、しかし、・・・君ゴールする気ある?
綺麗にやろうと思ってんのかな?こういう試合だからこそ、ちゃんとしようよ。空いたらパスではなく「貪欲」にゴールを狙う。すごい基本です。少なくても何回かそのチャンスはありましたよね?違うとは言わせない。そんな気持の君は日本代表には要らないです。そんな気持で闘って欲しくない。この試合のどこに中田をFWに追いやるぐらいの気持がどこにあった?ちょっと教えてよ。
君のファンタジーは確かに試合を変える力がある。だからこそ、おしくないかい?
それとフィジカル面が弱い。セリエでも指摘されてたけど、この2年、君は一体何を学んできた?期待が大きい分失望も大きくなる。次に期待を込めて。

川口君は守備機会が少なかったけど、いい感じで集中してました。少ないインドのシュートは枠に行ってましたが、止めましたから。しかし、キックオフすぐいきなり枠に行ったシュートを打たれたのはびっくりしましたけどね。

久保君。あの得点は素晴らしい。あと、色んな場面でのポジショニングと出るタイミングはよかったです。

この試合では守備のシステムどうこういいたくないけど、後半の中澤仕切りの4バックより確かに3バックの方が良かったように思います。まぁ、今日はこういう試合だし、及第点かも。宮本君が頭で競り勝ってましたからねぇ(笑)。

以前からいってますけど、ワールドカップの予選だから、どんな試合しても勝ち点3を取れば、目的は達成してます。だからそれはそれでよいです。

勝って兜の緒を締めよ。
こんな試合してたら、いつか絶対に足元すくわれるよ。

・・・すみません、私って厳しいですか?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/238-35e9bab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。