プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい歴史が紡がれる F1ブラジルGP
フェルナンド・アロンソ。

24歳にして2005年度のF1ワールドチャンピオンとなった漢の名である。
1950年に始まったF1の歴史上この年齢で王座に輝いた者は誰もいない。
スペイン人初、そして史上最年少でのワールドチャンピオンがブラジルの地で決定した。

ブラジルGP 決勝はモントーヤが優勝。ライコネンと続きマクラーレンの「今季初の」1-2フィニッシュを飾った。しかし、3位にアロンソが入り、チャンピオン争いに終止符を打った。
レース自体は非常に単調であったし、アロンソ自体自分が表彰台にのぼりさえすれば決定だという事がわかっている為非常に冷静なドライビングであった。それはまるで「前」チャンピオンとなった若き日のシューマッハのように。

昨年シューマッハは彼を次のチャンピオンだと言った。
そして初優勝から間髪いれずに頂点に立った。

ただ、まだシューマッハを越えたわけでもない。
来季今年のようなパフォーマンスが出来るかどうか誰にもわからない。

Schumacher Who? というにはまだ早い。

しかし、史上最年少という「歴史」を彼は刻み、誰にも異論を唱えることの出来ない争いでチャンピオンになった。

それは「事実」である。

確かに、マクラーレンの序盤戦はいたたまれなかった。しかし、
シーズンを通して力を発揮できるからこそ、アロンソはその位置に
駆け上った。単にマクラーレンにはそれができなかった。今季1-2フィニッシュしたのは「あの」アメリカGPのフェラーリだけなのだから、推して知るべしである。レースに「たら」「れば」など存在しない。あるのは「結果」そのもののみである。

しかし、ライコネンとモントーヤにはまだ仕事が残っている。
マクラーレンのコンストラクターズタイトル争いは逆転してトップに
躍り出る。

残り2戦・・・闘いはまだ終わらない。

F1の歴史はこうしてまた紡がれていく。
シューマッハ・フェラーリ両方の王座が21世紀となって初めて移動していく様は歴史が動いている証拠でもある。
誰かが去っても、居なくなっても、移動してもそして現れても
季節はこうして巡ってくる。
少しずつ形と匂いと雰囲気を変えながらもそこにある本質はきっと変わらないだろう。

新しい歴史は今もこうして紡がれる。

若く新しき王者の途はまだ始まったばかりである。
スポンサーサイト

テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/211-acb67c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005F1第17戦 ブラジルGP/インテルラゴス

F1第17戦ブラジルGPの結果です。ネタバレあります。 はびのすブログ ~ブサイクな日々~【2005/09/26 04:39】

F1ブラジルGP:24歳アロンソWC決定、マクラーレンは今季初1-2

 SCHUMACHER WHO?  フェルナンド・アロンソが2005年のF1を制... 『DE』 -BASTARD!! blog-【2005/09/26 11:40】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。