プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨の彼の地で不死鳥のごとく 為末大銅メダル!
きた、きた、きた。
世界陸上ヘルシンキ 400Mハードル決勝は日本の為末大が
2大会ぶりの銅メダルを獲得した。2個目の銅メダル。

準決勝では上位に残れず、+2で残った(救われた)。
豪雨で試合が中断し、2時間以上も進行が遅れた。
濡れているピッチは水はけ処理がされているものの、滑りやすい。
フライングもあり、集中力がそがれようとしていた。
大本命のカーロン・クレメントはどうも予選からピッチとあってない印象だった(最後に力が抜けてフィニッシュしたようにも見えた)。
レース中にサンチェスがリタイヤした。

それらをプラスとしてメダルを手繰り寄せたのだ。
勝負師と自分で言ってるけれども、その真価を発揮した。
これは決して奇跡じゃない。運でもない。

全部をひっくるめて「実力」だ。

・・・思えばあの銅メダルから4年。その間に失意の中にいた。
いけると思った前回の世界陸上もオリンピックも駄目だった。
愛する肉親との別れもあった。プロフェッショナルであるために、
自分の道を突き進む為に、陸上だけにその身を捧げてもきた。
そして、成迫という競うべき日本人選手もでてきた。

そんな中での「勝負」となる大会で、結果を出した。
正式結果が出た瞬間にこぶしを突き上げ、倒れこみこみ上げる感情と涙にむせび泣くその姿は彼の苦しんで苦しみぬいた中にある「最高の結果」が自然に成したものなのだろう。

その姿に心を動かされずに入られない。
インタビューでも言っていたが、
エドモントンは母親に、そしてヘルシンキでは亡き父に捧げたメダル。
そして、自分の為にまだ先がある。

不死鳥は灰の中、再生する。

為末はまだ終わらない。
あと、言いたくないが本当に司会の織田は邪魔だ。
スポンサーサイト

テーマ:世界陸上 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/193-fc7bd276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆☆☆為末銅メダル☆☆☆

世界陸上第4日,男子400mH決勝で為末大が48秒10で3位に入り,今大会日本勢初のメダル獲得!!!いや~~,準決勝は+2でぎりぎり決勝に残れたから決勝はどーなるものかと心配してましたが素晴らしい!!悪天候の中,必死で走る為末選手はまさに「ラストサムライ」そのもの Laboratory’s Life【2005/08/10 13:20】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。