プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートもロードも関係ないんだ 
ことしの夏も鈴鹿が暑い。
第28回鈴鹿8時間耐久ロードレース決勝はホンダのワークスの清成龍一・宇川徹組が204周完走で優勝した。

宇川は史上最多5回目の8耐制覇。2位にも同チームの藤原克昭、クリス・バーミューレン組。そして、
3位はオートレース・チームHARC―PRO(青木治親、安田毅史組)が監督の森且行(言うまでもないことですが、元SMAPの森君です)の宣言通り、表彰台の一角を担った。

宇川もすごいんですけど、どう考えても、今回の主役はオートレース組ですよ。

そりゃ、青木は125ccのワールドチャンピオンです。もちろん、8耐の経験もある。しかし、まだオートレースではぺーぺーの新人(B2級、ちなみに森君はS級をずっと守っていたオートレース界ではTOPクラスのレーサー。今季はA1級のTOPになってしまったが)。
そのレーサーを今回川口オートと川口市もバックアップし、今回のレースに参加した。

その背景にはオートレースは公営競技であり、イメージとしてはよくない。また、売り上げ的にも減少傾向である。森君や青木選手が来て、女性の観客も多くなったとはいえ、基本的にマイナースポーツといわれても仕方ない。ある種、閉鎖的な空間でもあるし(正直青木選手までオートレースにいったのには当時びっくりした)。
そういう意味も込めて、オートの発展のために参加したのだろう。

だから、変な成績では帰ることはできなかった。
森監督もそういう事もあり、表彰台を獲りますという発言をしたのだろう。

いや、実際のところ、運も味方した。宇川組は別次元の速さだったが、他のチームにはトラブルが続いた。オート組みは予選の12位から着実にポジションを上げて3位に入った。ただ、それも8耐の醍醐味である。

運も実力があるから呼び寄せる事ができる。
これはすばらしい3位だ。

オートレースのことをこれで認識した人もいると思う。
私自身もまだ1度しか見に行った事がない(それもずっごい前)ので、多くは語れないのだが、これだけは一ついえる。

オートもロードも関係ないんだ、と。

方法論は違えど、誰よりも早く走りたい。
そういう思いが選手誰でも流れているんだ、と。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/181-d8bbafc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。