プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊王 散る。
http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050711-00000305-yom-soci


橋本真也が急死した。
あまりにも突然の死であり、なんだかよくわからない、というのが本音である。ただ、わかっているのはもう彼がリングにあがる姿は見られない、という事だ。

決してかっこいいスタイルではなかった。とにかくぶつかっていくようなイメージしかない。ぶつかりあってぶつかりあって自分の存在を示してきたような気がする。

小川直也との新日での戦いもそうだ。最終的に負ければ引退とまでした試合に負け、一時引退した。あれはあれで潔かったが、私の中で破壊王はここで終わっていた。

復帰してすぐに独立することが既定路線となって新日をクビになり、
ZERO-ONEを旗揚げし、団体を引っ張っていった。
しかしながら、怪我がちで欠場しがちだった彼は結局の所、団体としての求心力も集客力も次第に失ってしまう。体はもうぼろぼろだった。右肩の手術もうまくいき、ファンもまたリングに帰ってくるのを楽しみにしていたはずだ。

ZERO-ONEはZERO1-MAXに引き継がれ、破壊王を遮る壁もなかった。

どんなに地におちようと、這い蹲っても、彼は彼であり続けた。だから、ファンは彼を見続けたのだろう。

そして、蝶野も武藤も破壊王の帰還を待っていた。
それももう叶わない。

闘魂三銃士は永遠と消えた。早すぎる死としか言いようがない。
だが、彼の魂は価値観は違えど残った二人にもそしてZERO1-MAXにも引き継がれていくに違いない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/175-6970a776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早過ぎる幕引き

東京の友人がメールを寄越してくれた。彼はとても気の合う人で、プロレス担当の記者。今となっては滅多に会う事は無いが、それでも年に3-4回はコンスタントに連絡を取っている。それがメールで開口一番、橋本真也氏急逝を知らせて来た。東京に居た時に彼経由で    ニ ュ ー ヨ ー ク ・ ブ ロ ウ                       ~NYでもタコ焼きを【2005/07/12 07:39】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。