プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚点。     F1アメリカGP
F1史上に残る、最もつまらなく、最も恥ずべきレース、いやレースとさえ呼ぶのさえ、嫌悪するGPが今回のGPである。

F1 GP Rd.9 アメリカGPはマイケル・シューマッハが優勝した。
完走6台。しかしながら、出走も6台。

フォーメーションラップは20台、しかし、グリッドに着いたのはたったの6台。20台のうち14台は0周リタイヤした。
理由はミシュランタイヤの「もろさ」(とあえて言う)であり、リヤがいつバーストしてもおかしくなく、ドライバーを危険にさらすわけには行かないという事であった(それが原因でラルフ・シューマッハがクラッシュしている)。

しかしながら、6台しかいないグリッドは異様な光景としか見えない構図であった。

そして、ただただフェラーリのランデブー走行を「退屈」に魅せられた観客(TVを含め)・・・。ブーイングをして当然である。

もはや、これはレースとは呼べない別のものであった。

しかしながら、ブリジストンは危険ではなく、ミシュランは危険であるという一点においてレースは成立している事は重要なことである。

ボイコットは単純に技術のなさで、それをFIAにシケインを作れと言ったとしても、他メーカーがOKな状態である以上、変更することはFIAの権威を殺ぐものであることは言うまでもない。

そういう意味でいくら道を譲ると言ってもミシュランの理屈は通るはずはない。
したがって、優勝したマイケルもルーキーながら表彰台に昇ったモンテイロは「間違いなく」勝者である。
むなしいぐらいに・・・

しかし、これは納得のいかないレースでもある。
こんなレースをするのなら、アメリカでF1の人気がインディーを上回るわけがない。そういう意味での「興行」は大失敗に終わったと言ってもよい。

ドライバーの安全は最優先されるべきである。しかし、最も大事なタイヤで走れないという「子供じみたリタイヤの理由」にドライバー自身が納得しないだろう(どうコメントしようと)。こんな事が二度繰り返されるのであれば、ミシュランタイヤなど出場するに値しないとはっきり言いたい。今シーズンの成績がいかによくても。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/161-9443b0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファン不在の対立劇はごめん

先日行われたF1アメリカグランプリですが、出走6台と前代未聞の事態となりました。ミシュランタイヤを使用する7チームがフォーメーションラップのみに参加しリタイアした為ですが、僅か6台ではレースの盛り上がりは期待できません。観客からはブーイングが相次いだようですが ノーリーズン再び【2005/06/21 07:26】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。