プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我思フ
4月29日。
父親が他界しました。

その前から帰省しており生きる事、命とは何か?人生・・・そして死について多くのことを考えながら病院にいました。

そのことはここでは語るつもりはありませんが、多くの時間たくさんの事を思い巡らせました。

その中で福知山線の出来事もありましたね。この件はもうそろそろマスコミも感情論や揚げ足取りだけで終わらせないようにしたいものですね。御遺族の方の事を思うととても心が痛みますが、もう野次馬根性はいい加減にした方がいいと思います。

さて、父親にとってはとにかくいい人生だったのではないか、そう思います。だからこそ私自身もある種の「覚悟」を以って臨み、迎え、いい人生だったと言えるのだとそう思います。


昨年の5月1日。
WEB上で知り合い、語り、意見を言い合い、そしてたった一度会った、しかしながら一度でもきちんと会うことができた大切な友人の一人を亡くしました。

あれからもう1年。

私はこの1年何をやってきたのだろうか?成長したのだろうか?それとも後退?笑われないような1年を過ごしていたのだろうか?

答えはあえて出さない。出ないかもしれない。

けれど今ここにこうして在る。
そして思いを巡らせる事もできる。

出来れば忘れてほしくはないものだ。

父親の命日、そして彼の命日。
私にとってGWはきっとこれから色々な事を考える時期になるだろう。

ありがとね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/156-f3071e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。