プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・クラシコ・・・・・・・・・・・・・・・・
FCバルセロナ対レアル・マドリード”エル・クラシコ”は2-4で残念ながら敗北してしまいました。

この試合は確かにレアル・マドリーは頑張っていたと思いますし、ベッカムがサイドを抉って入ってくるなんていうショッキングな(爆笑?)シーンもありました。

・・・正直、私はチェルシー戦を思い出してましたから。

しかしながら、前半のあわただしさとボールが足につかない感じ、一向につながらない(いや、パスは別に繋がってますけれどそうじゃないもっと本質的なもの))

この試合は一言で言うと「コンダクターがいなかった」事に尽きます。

そう。この試合に重要な人がいませんでした。
Anderson Luis de Souza。いや、「デコ」と言ったほうが早いでしょう。

彼の存在はこの試合に限っていえば「ブラウグラナにおいて完璧なる”欠落"」でした。

この試合にミドルレンジからのシュートがいくつあったでしょうか?流れを変えようとする局面も中盤の「ため」も「構築」も出来てませんでした。単なるパスをまわす行為はもちろんありましたが、なんでしょうね、「怖い」と感じさせないパス回しでした。

たらればはないんですけど、デコの重要性がはっきりした試合でした。私はまだバロンドールはデコだとおもってますので(しつこい)

確かにグラベセンなどいい働きをしていたし、ベッカム(だったっけかな?)も足をつったのか?終盤倒れてましたので、レアル・マドリーの集中力も良かったと思います。

でも、入り込めないという感じでなかったのも確かです。

メレンゲは決めるべき人間が決め、チャンスも逃さなかった。
バルサは流れの中で決定的なチャンスをものにできなかった。

だから負けた。

しかし、これでリーガが面白くなったとマスコミは書き立てるでしょうが、それを論じるのは早計ですね。

勝ち点差は「まだ」6もあります。強がりではないですよ。
まだ6あり、もし、勝ち点が同点であれば今回のスコアでも5-4でバルサの方に軍配があがります。

そして、こういう時にレアル・マドリーは良く負けて自滅する、のは昨季の出来事でしたね。少なくても、優勝争いが面白くなってきたというのは、次節の結果を見てからでもいいでしょう。

今回は残念ながら、納得の負けです。
(本当は納得するはずはないのですけどね)

そして・・・エトー、心配です。本当に10日間ですむならよいのですが・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/152-8200ea32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

R Madrid 4×2 FC Barcelona

・゜゜・(×_×)・゜゜・ヤラレタゲームとしては非常に面白かったです。あっという間の90分。点差ほどの力の差は無かったと思うのですが...。しかし序盤のバルサ、押さえるべき相手が見えてない感じでした。相手も凄く良かったという事もあるんでしょうけど。それでもエト 川北NOW【2005/04/13 01:56】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。