プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・マン24時間 なんとチーム郷が優勝!
ルマン、チーム郷V…荒聖治、日本人9年ぶり

 【ロンドン支局】自動車のルマン24時間耐久レース(仏・ルマン市街地サーキット)は13日午後4時(日本時間午後11時)にゴール、荒聖治、リナルド・カペロ(イタリア)、トム・クリステンセン(デンマーク)組のアウディR8が379周を走りきって優勝した。

 荒は日本人ドライバーとしては、1995年にマクラーレンで優勝した関谷正徳以来、9年ぶり2人目の優勝。同組はアウディ勢4チームのひとつで、「チーム郷」として日本からエントリー。

 同チームは7回目の挑戦で、日本チームとして13年ぶり2度目の勝利。また、クリステンセンは5年連続6回目の優勝で、史上最多記録に並んだ。2位は約40秒差で英国組のアウディ、3位もアウディだった。荒組は、序盤にコースオフなどで10位以下に順位を落としたが、その後は堅実な走りで、徐々に上位に進出。レース開始後15時間で、このレース初めてのトップに立ち、最後は荒がゴールを切った。
(読売新聞)

テレ朝が中継しなくなったので、いろんなネット上からの情報だったのですが、久し振りの日本チームの優勝ですね。ル・マンといえば、MAZDA。あの時の優勝は、ロータリーが廃止になる最後の年で本当に感動しました。トム・クリステンセンすごすぎ。5年連続って・・・。
彼は日本でもF3やF3000も走っていたので、なじみの人も多いでしょう。F1でも走りましたね。
日本からF1に巣立ったドライバーも多いですから、フォーミュラーニッポンもかつての勢いを取り戻してほしいものです。

しかし、話題が薄いし、ル・マン自体も以前の威厳は薄くなり日本でもちょっとなじみが薄くなっちゃいましたが、それでも優勝はすごい事です。

おめでとう!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/108-4753a539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。