プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光り始めたヌメロ・ディエチ  中田英寿
ようやく長いトンネルから解放されるかもしれない。

フィオレンティーナ対レッチェは4-0で勝利を飾り、
中田英寿が3得点に絡む(2アシスト)活躍を見せた。

全部見てないので、これは正直なんともいえないのだが、
サポーターもチームも、そして本人も待望の瞬間なのだろう。
彼のピッチの笑顔がそれを物語っているように思えた。

ヴィオラのヌメロ・ディエチ(背番号10番)は特別な意味を持つ。
これは改めて触れるまでもないが、ロベルト・バッジョ、マヌエル・ルイ・コスタをはじめとした一流の選手しかつけられない特別な番号。

今回昇格組だが、ヴィオラは単なる昇格組としては数えられない。
それは名門であり、古豪であるチームたる所以に他ならない。

それ故に、駄目ならば容赦ないブーイングが飛ぶ
(ヴィオラのサポーターは熱狂的なことで有名)
中田選手はここまでは、はっきり言って目立った活躍は出来なかった。

しかし、試合に出るにつれ、それが解消されていったのだろう。
(前節のレッジーナ戦も凡庸といえば凡庸だったが、個人的に随所に輝きを
放ちつつあったように見えたので近いうちに連携が取れるのかも、と思った)

イタリアの10番は重要であり、ましてそれが歴史あるチームならばなおさらである。
まだ光り輝いてはいないものの、光を放つ片鱗を見せ始めた10番。

次戦が非常に楽しみである。

とはいえ、ヴィオラのホームでの独占放映権をスカパーが獲っちゃった関係で今季は見れないかも(泣

フジテレビさん、正直、エールディヴィジにゃ全く興味ありません。残念!!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://livemaster.blog2.fc2.com/tb.php/100-475a2fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。