プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・ピエロが200ゴール
デルピエロがユベントスでの通算200ゴールを達成(スポーツナビ)



ピントゥリッキオが200ゴール。

イタリアでずっとやってて200ゴールは確かにすごい。
まぁ今回はセリエAではないけれど、200ゴールで騒がれたといえばロベルト・バッジョ以来かも。

とにかくユベントスの歴代最多ゴールを続けるバンディエラ。
こういう選手はいいよね、プレースタイルは怪我もあって変わったけど
今も大好きな選手の一人ではあります。


・・・・・・・・・・でも、単純比較はもちろんできないけど、
もうすぐ1000ゴールに近い
ロマーリオは一体なんなんだろう(笑

スポンサーサイト
レクレアティーボがきっかけになれば
ロナウジーニョ。
今日のレクレアティーボ戦がいいきっかけになってくれれば。
案外こういうのでがらっと変わりますからね・・・。

サビオラは微妙に毎試合毎試合少しずつ出場時間が伸びてるのも
ちょっと面白いしね。彼は与えられた時間をちゃんと仕事しますから。

あと意外だったのがエスケロかな(笑
いた、いた!みたいな。


まぁ、ひとつ言えるのはこれからだ、って事ですよ。
1試合の出来でどうこう言えないからね。
ただ、1試合のきっかけが好転に向かう(逆も)事はありますが。

バレンシアはまけ、レアル・マドリーは勝利したみたいですが、
これから昨年と同じようにまた2位グループが微妙に牽制するかのごとく離れていって3連覇へ向かうでしょう(希望。

とりあえず、今適当にこんな感じで(笑
セビージャの放映権問題解決
セビージャの放映権問題解決

ようやくセビージャのテレビ放映権問題の解決に至りました。
これにより、世界中の提携地でセビージャの試合が見られるようになりました。

セビージャの粘り勝ちでしょうね。
確かに今調子も悪くないし、なによりUEFA王者であり、UEFAスーパーカップではバルセロナに圧勝したチームです。
自らの尊厳と正当な扱いを主張し続けた結果ですから、ちゃんと締結してくれてよかったです。
まぁしばしば放映権については各国とも揉める事はありますので、仕方ないことなんですが、ファンならみたいはずですしね。
よかった、よかった。
稀代のエンタテイナー 新庄剛志
日本ハムが優勝した。完全に勢いに乗って4勝1敗で日本一になった。

その立役者はMVPの稲葉はもちろんかもしれないが、新庄剛志。
この漢がこのチームにいたからこそだと断言する。


新庄剛志。すごい、この人、の一言だ。
自分で「マンガみたいなストーリー」って言ってたけど、本当にすごい。自らの引退試合が日本一。途中の打席も泣いていたけれど、正直こっちまでうるっときたよ。
ほんとに。
人をひきつける魅力。これは天性のものだろうけど、それプラス
彼は考えて考えて行動してきた稀代のエンタテイナーだと思う。


そういう意味ではプロ野球史上誰も成しえていない位置に彼はいたと思う。長嶋さんはまた別の舞台だと思う。長嶋さんはスーパースターだとちょっと区別したい。

彼のパフォーマンスは別に自分が目立とう、それだけの為に彼は行っていなかったはずだ。

ファンの喜ぶ顔を見たい、今の球界がファンサービスって口だけで言ってるアンチテーゼを自らが行っていたのと同時に、日本ハムという球団自体に活気を与えるために。本当に選手それぞれが笑顔が多かったような気がする。その中心にいたのはまぎれもなく新庄だった

自分だけではなく、For the team,for the fan
それを口にする選手はたくさんいる。
しかし、ここまで行動した選手はどこにもいない。

彼は確かに記録よりも記憶に残る漢だ。
記憶という点では長嶋茂雄以来の「エンタテイナー」だ。

しかし、きっと彼の今後歩く道は野球界ではなく、別の舞台だろう。
そういう意味でも長嶋茂雄とはまた違う。

そして、忘れてはいけない。
彼は記憶だけに留まらないちゃんと記録にも残っている漢だ。

大リーグ時代、彼が日本人で誰よりもはやく「四番」になった。
満塁ホームランも打った。ワールドシリーズにも出た。
一体誰が新庄が四番になる思っただろうか。彼はドリームも手にしたのだ。大打者ではない。しかし新庄だったからこそ作れた道だとも思う。

本当に彼のような選手がいた事を人々は忘れないだろう。
北海道の人たちにとって彼は伝説といってもいいぐらいの存在に昇華した。いつまでも人の心に残る選手になった。


彼は稀代のエンターテイナーだ。


だからこそ、次に彼が何をするのか。
それが楽しみで仕方ない。

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

エル・クラシコ
自滅、完敗。



以上。グジョンセンが戦犯にされてしまうだろうが仕方ない。
事実だから。

メッシがあれだけ動けたのに、ロナウジーニョやグジョンセンがあれでは難しいだろう。

レアル・マドリーは今までと動きは違ったし、やはりカーサクラシコであった。

正直、引き分けで充分、まるで勝てる気がしなかったからだ。

デコに変えてジウリーはないよな、とか普通思ったり、ライカールトのチェルシー戦に引き続いての微妙な采配。

だが、これで終わったわけではないし、ここで否定するのは簡単だ。
そんなことは私はしない。

CLも予選は通過すればいい。
最終的にリーガを獲ればいい。

それだけのことだ。


しかし、これでレアル・マドリーはやはり怖い存在になるのだな、
と感じはしたが。

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

ヘタフェ対レアル・マドリー
ヘタフェ対レアル・マドリー
本 文 を早朝にみた。

しかし、ヘタフェは非常に組織的に展開しててよかったけど、それ以上に白組さんはひどいね。全然ゲームになってないし。

特にカッサーノは典型的な透明人間というかいらんだろ(笑
前半で交代でしたね。
しかも、交代したロナウドはドブレ・アマリージャで退場、
次節のクラシコには出場できず(爆

最終的に0-1で敗戦。

全体的にどうしたいのかがよくわからないゲームでした。
ファビオ・カンナバロがいなかったけれど、それを敗戦の理由にはできないなぁ。

久々にレアル・マドリーの試合を見たんだけど、
結局まだ「コンセプト」が見えない。
(一番最後に見た試合は超完敗したリヨン戦だったのでなおさら)

今期またいい選手が移籍してきて選手だけみれば
銀河系(笑)なのかもしれないけど、それだけで
フットボールができるのか、という部分で疑問符がつくのは
もう何年も繰り返してるのにね。
(ただ、監督が監督なだけにちょっと怖いけど)

こういう試合をずっと続けているのであれば、
10月22日 エル・クラシコがますます楽しみですね。
とにかくバルセロナに屈する事こそが彼らにとって最大の
屈辱を意味するのだから。


あ、そうそう。
WOWOW、11月からは毎節1試合はハイビジョン中継、1試合はLIVEでやると宣言しました。まぁハイビジョンはどうでもいいけど、LIVEも2試合できるだろ(笑とか思いますが、そこそこ評価してます。
しかしながらここまでの道のりは長かった。2年ぐらい前でも
できただろ(笑


チケットが届いた!
FIFA クラブワールドカップのチケットが無事に届いた。
さすがにチケットに名前ははいってないんだな(笑

準決勝のほうはカテゴリー4なんだけど、
そうか、全席指定だったんだなぁ。
といまさらながらに思ってしまった。

これ応援する人達大変だろうなぁ。
12月ってまだ先だなぁ。

でも、そういう時間も楽しみではあるが。
今節のバルセロナ対セビージャ
WOWOWからのお知らせ

今節のバルセロナ対セビージャは以前にもお知らせしたとおり
スペインサッカー連盟とセビージャの間でテレビ放送権に関して
合意に至らなかったため、 日本でも見ることができません。


スーパーカップで「完敗」した相手故に楽しみにしていた
「大一番」なのですが・・・・。

残念です。
その代わり、リーガのほかのチームの試合を見るにはいい機会
かもしれません。ちゃんと4試合確保したしね、WOWOW。

私は結構がんばってるほうだと思いますけどね。
今年のWOWOWは。

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

CNNの見出しも
Fiery N.Y. crash kills pitcherと変わりました。
中の記事も指し代わりました。

・・・とても残念です。


事故の原因はまだ明らかになっていませんし、インストラクターが同乗していて彼が運転していたのかどうかもわかってません。

でも、とても残念です。
衝突したのはヤンキースのコリー・ライドルの小型機
先ほどの続報でヘリではなく4人乗りの小型機で、
ヤンキースのピッチャーコリー・ライドルのものだという。

そして・・・・・・・・・・・・・・・・


CNNのTOPでもYankees pitcher dies in crashと報じられていた・・・・・

パスポートがストリートで見つかった、とも。

正式に確認されてはまだいません(英語でも断定ではない)が
言葉になりません・・・。
今ニューヨークで
マンハッタンでヘリがビルに激突した映像がニュースで流れてる。

たぶん、普通に考えてテロとかではなくて単なる事故だと思うのですが。

炎上しているのは50階のビルの44階部分らしいのだが、
生中継で見ていても激しく炎が出ているのがわかる。

どうしてもオーバーラップしてしまうのは
911の映像だ。

事故であってもやりきれない。

いよいよF1
日本GP はじまる

シューマッハが獲るか 
次戦になるのか

私はシューマッハが別に好きではないので
感慨はない(すごいとは思うが)
正直私の時間は何年も前に止まったままだから

それでもF1は続いていく
それを見ることは別の視点でもいいと思う

シューマッハは別に有終の美を飾りたいと
思ってないのではないかと考えている

彼が求めているのはチャンピオンという事と
負けたくない、その想いだけなのだと

いよいよ20回目の鈴鹿
そして来年30年ぶりに富士へ

鈴鹿は世界でも有数の「サーキット」だと
今日改めて感じさせてほしい
ディープインパクト3着!
最後の伸びが足りなかったのか、抜いた馬が速かったのか。
ディープインパクト生涯初の3着!
3歳馬絶対優位の中で最後残念でしたね・・・。

凱旋門賞の壁は厚いなぁ。



ウサギは跳ねる
アスレティック・ビルバオ対FCバルセロナは1-3でFCバルセロナが勝利した。

前半ディフェンス陣が見事につられて崩されて1点先制されてしまったが、前半オウンゴールで同点。
(プジョルのゴールかと思ったけど)

相手の退場によりがらっと流れがバルセロナの方に向きました。
エトー不在の中でその役割が求められるグジョンセンはパーフェクトではないにしろ、要所でしっかりと役割を果たし1アシスト1ゴール。

そして、ハビエル・サビオラ!
バルセロナで約3年ぶりのゴール!これがなんといってもうれしいですね。彼のラストシーズンとなった2004年もスーパーサブとしてもきちんと結果を残していたあのときの様子が思い出されます。
ライカールトやチキからは戦力外とみなされて、今期残れるまで苦汁をなめ続けた漢の復活のゴールでした。
ライカールトもエトー不在とは関係なく前節呼んで出場させている部分で、選手を適切に動かしていると思いますが、彼の「ツキ」がこの「バルセロナ」を勝利に向かわせている部分もあります。
それは名将と呼ばれる人達が持っているものでもありますから、着実に彼はその道へ上っているといってもいいでしょう。

でも、試合内容はそれほど語るものはないです。
試合を組み立てる、という意味ではまだまだできてない部分が大きいです。
それはデコやロナウジーニョが本調子ではない事が最大の要因でしょう。特にロナウジーニョはここ最近の動きは明らかにおかしいです。

しかし、それでも勝って結果を残している、というのが今期のバルサの特徴でしょうね。
もともとスロースターターなバルサ。あまりにも調子がよすぎるのも
また不安がよぎってしまいます(笑

それにしてもイニエスタが本当にいい。今チーム一輝いているかもしれません。前述の二人の「ポカ」をイニエスタが帳消しにしている部分も大きいです。

まだ、序盤、ワールドカップシーズンの難しさはあるでしょう。
コンディションやチーム作りの段階でもいいでしょう。
私はゆっくり待ちますよ。

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。