プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよQuarter Final
いよいよ準々決勝が始まります。
もう残り少ない試合を皆さん楽しみましょう。
では、今日の見所です。


Q1:ドイツ対アルゼンチン

1986年決勝、1990年決勝のある意味、因縁のカード。1986年はアルゼンチンのマラドーナが、1990年はドイツ(当時西ドイツ)のローター・マテウスがワールドカップに口付けした。

さて、巷ではドイツが地元という事もあって有利ではないか、といわれてます。確かに事実、地元の後押しはかなりのものだし、実際ドイツ国民もここまで来るとは思ってなかったんじゃないでしょうか。実際いい展開で試合ごとにチーム自体が固まってきているし、ワールドカップ前にはあれだけ監督として賛否両論(批判の方が多い)を受けていたクリンスマン監督(1990年優勝チームのメンバー)は勝利によって、周囲を黙らせた訳ですから、特筆すべき事でしょう。
2002年当時のドイツ評で「この国の特徴というか、息の長い選手が多いので若手が出てくれば、決勝まで行く可能性が高い」と言ってたんですが、今回のチームは若手とベテランが適度にマッチしているので確かに面白いチームではあります。

さて、ドイツの注目は普通に考えてクローゼ、バラックという選手でしょうね。特にクローゼは現在4得点でアシストも決めている非常に勢いのある選手です。
あとはイェンス・レーマンが何処で「大ポカ(笑)」をしてマジックを魅せてくれるのかもポイントです。
個人的に注目しているのはフィリップ・ラームですね。彼は攻めも守りも非常にいい働きをしてると思います。まだ若手ですが、落ち着きあるプレーをしてて、誰?とか思ったんですよね(笑、すみません、よく知りませんでした。

一方のアルゼンチンはタレントが非常に揃ってます。リケルメ、サビオラ、ソリン、テベス、エインセ、そしてメッシ。アイマールが控えにいますすね。とにかく世界的な名声を得ている選手ばかりです。
王様リケルメがどこまで自由にできるのか、という点とカルロス・テベス、リオネル・メッシという「切り札」がどこで出てくるのか、なんですが、どうもみんな攻撃の方に目が行ってますが、実に守備がいい。
エインセ、ソリン、アジャラ等非常に集中して攻守してるので、是非、守備の面も見て欲しいですね。

個人的にはアルゼンチンが勝ちあがってくれるものと期待しております。

3-2とかで、クローゼが2得点決めて、得点王基準の6点に手が届いて敗退、なんて感じでお願いします(笑




Q2:イタリア対ウクライナ

ワールドカップではもちろん初対戦になります。ウクライナはやはりチームを牽引しているシェフチェンコが注目です。
しかしながらチームとして「これ!」ってないような気がします。いや、見ててもチームとして統率感はあるな、とか思うんですが、何かが足りないです。すみません、ウクライナは全然どうでもいいのとロッソ・ネロを出た裏切り者(前述の注目)はどうでもいいので興味ありません。

イタリアのようにオーストラリア戦のようなきわどい勝ち方をしたチームは強いです。今回、いつもいい意味でも悪い意味でも物議をかもし出すマテラッティがいないからなぁ(笑
そこが面白くないといえばそうなんですが。

今もまだカテナチオ、カテナチオとかマスコミは言ってますが、そうじゃないのは明らかです。まぁ確かに世界でも最高レベルの守備ですがね。かといって、攻撃的なだけでもないのが今のイタリアです。ある種バランシヴになった感はありますが、今のイタリアは本当にそつがない。

それにまだ全く期待にこたえてないルカ・トニがそろそろ初得点を決めるような気がします。そして、生粋の感覚的なストライカー、フィリップ・インサーギが締めてくれるはずです。又なんとなくピントゥリッキオ(デル・ピエロ)がそろそろきそうな予感がする。

ここは3-1 イタリア大勝でお願いします。あくまで希望です。


非常に手抜きな文章ですみません。


スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

準々決勝のカード
準々決勝のカードが決まった。

ドイツ 対アルゼンチン
イタリア対ウクライナ
ポルトガル対イングランド
ブラジル対フランス


ドイツ対アルゼンチンは1986年、1990年の決勝、
ブラジル対フランスは1998年の決勝、
ついでにポルトガル対イングランドは1966年の準決勝(エウゼビオとボビー・チャールトンの時代ですな。この大会がイングランド唯一の優勝)

という実に因縁というかなんというか、見所のある試合ばかりです。


まだワールドカップは終わってないから(笑
ほんとに。
予想通りの好試合(決T6:スイス対ウクライナ)
06月26日 スイス VS ウクライナ
http://wc2006.yahoo.co.jp/result/812740.html

6時43分、先ほど試合は終わりました。
いい試合でした。正直この試合はもつれてPKまで行く可能性があるだろう、と思って録画時間を7時まで元々セットしてましたが、0対0、PK0-3でウクライナが勝利しました。

お互いにチャンスはあったものの、運にも見放されポスト、バーに嫌われたり、堅守に阻まれたりととてもしまった試合でした。カードも1枚。こういう試合は昨日のポルトガル対オランダやイタリア対アメリカとは違う、いい試合です。

0-0でも面白い。それもフットボールです。
結果だけ見て、面白くないとかいう人もいるでしょうが、そんな感想ならば本当に書く必要ないだろう、と思ってしまいます(mixiのニュース日記で読もうと思う人の少ないこと(笑)

ウクライナはシェフチェンコをはじめとする、になるチームですが、そのシェフチェンコはPKはずす、など決して彼だけのチームではありません(と以前書いた気がします)。突き抜けたものは正直感じないんですが、本当にいいチームです。

しかし、スイスはとてもすばらしいチームでした。こういうチームがここまであがってこれるんです。日本は見習うべきでしょう。センデロスがこの試合出れなかったのはとても残念でした。スイスは結局、どのチームにも1点も取られることなく、無失点で敗退してしまいました。これがトーナメントの妙であり、フットボールの面白さであり残酷さです。

こういう試合に勝者と敗者に分かれてしまうっていうのは
分かっている事ですが、残酷ですね。



スイス 0-0 ウクライナ
   PK0-3

ウクライナの勝利

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

劇的(決T5:イタリア対オーストラリア)
06月26日 イタリア VS オーストラリア
http://wc2006.yahoo.co.jp/result/812738.html

劇的といってもいい。ロスタイムにPKを頂いた(笑)イタリア、トッティがきっちり決めたあとに終了。劇的な形で幕を閉じた。

ただ、審判の判定にも疑問を抱かせるものも多かったです。
PKの件もそうだし、マルコ・マテラッツィの一発にしろ厳しいかなぁと感じたし、その他見逃したシーンはいくつもありました。まぁそれもフットボールなんでしょうけど。

オーストラリアについて、今日はヒディングの交代の遅さってのが引っかかりました。確かに数的優位だったし、このまま延長戦、ということも見据えて交代を考えていたと思うのですが、そのカードを使う事無く敗退しました。こういう事って往々にしてあると思うんですが、少しもったいないかな、と。でもあんな幕切れは誰も予想してなかったでしょうからね。仕方ないです。オーストラリアは強いし、いいチームだったと思います。少なくとも日本よりははるかに突破するのに相応しい国だったと思います。ルカ・トー二の攻撃も再三とめてましたしね。

さて、イタリアです。どういう形にしろ、勝ち上がっていく、というのはこういうことです。決めるときにきっちり決める。
多分、今大会イタリアを推した強さの理由がここにあるような気がします(とはいえ選手の動き、ちょっと気になりますが)。
しかも、決まったのはPKですよ、PK。イタリアのワールドカップといえば誰しもが忘れられないロベルト・バッジョの悲劇。
トッティは非常に落ち着いてましたね。表情にものすごく覚悟というか、強さを感じました。

アッズーリはこれを乗り越えて、更なる高みにいざ昇らん。


イタリア 1-0 オーストラリア

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

まぁこんなもんでしょ?(日本対ブラジル F:3-1)
06月22日 日本 VS ブラジル
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=51900&media_id=22

うん。こんなもんだと思う。それだけ。

ジュニーニョ・ペルカンプナーノのミドルシュートは回転をほとんどかけないとても伸びていく綺麗なシュートでしたね。
あれはガイスト(ボール)の特徴であったはずだし、ああいうシュートを打てる日本の選手は正直誰もいませんでしたね。

日本ですか?特になし。
まぁロナウドの記録をアシストしてあげた程度ですからね。1点目は確かに理想的でしたが、あれでスイッチを入れられたかもね。

少なくても、日本で世界標準の選手は中田しかいないという事を認識したんじゃないのかな?俊輔ごときがなんであれだけ騒がれたのかわからん。それぐらいプレーも3戦共全然だったでしょ?

ポルトガルでさえ決勝トーナメント進出は40年ぶりでした。
日本の歴史なんてまだひよっこだし実力から考えても 当然の結果でした。

こんな気持ちの見えない代表が勝ちあがれるわけがないです。
残念ながら、相変わらず日本人というのは、気づくのが遅すぎました。いや、まだ気づけてすらいないのではないですかね。

綺麗にいこうとするチームは実力があってできるわけで、
日本にそんな実力はないです(アジアレベルでは別)。何を勘違いしてるんでしょうかね。 世界に追いつこうと思うのであれば、もっと気持ちのはいった泥臭くボールを追いかけるフットボールを展開しないといけないんですよ。

中身のない外面だけのサッカーが今の日本のサッカーです。

それにいい加減気づいてほしい。今日のブラジル戦、点数取られてもあきらめずに食らいついた選手はね、正直どれだけいましたか。

だから気持ちをみせろって。まずはそっからだろ。 ピッチでいつまでも残っていた中田。 平然と呆然とでもさっさと去っていく他の馬鹿選手たち。

君たちは全力を出しましたか?
気持ちを持ってやっていましたか?

中沢とか平然としてましたね。そう見えるだけかもしれませんが、点数取られたあとの表情とか今思い出しても結構むかついてきました(笑

口で悔しいなんていうのは誰でもいえる。
今後は態度で示して欲しい。

こんな代表はやはり応援できない。

なんか中田とか川口のこと益々好きになったな。彼しか気持ちの入った選手いなかったでしょ?まだ彼の役目っていうかね、彼が必要なんですよ、日本には。

NEXTが大事です。
まぁがんばってください

とはいえ、初戦が全てですよ。オーストラリアはやはり強かったし、あきらめないしヒディングの精神がチームとして統一されてました。チームとしてああいう気持ちが出ることによってこういう大会で結果を出せるんですよ。

予想通りこのグループはブラジルとオーストラリアが
勝ち上がりました。今のところサプライズ、というか予想はずしたのガーナだけだわ。しかし、なんていうなかなぁ。


日本  1-4 ブラジル

得点者
玉田圭司(前半34分)
ロナウド(前半46分)
ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(後半8分)
ジルベルト(後半14分)
ロナウド(後半36分)

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

光輝く未来(アルゼンチン対セルビアモンテネグロ)
6-0。終わってみれば圧倒的な結果である。しかし
実力の差以上のものが出たスコアなのかもしれない。
http://wc2006.yahoo.co.jp/result/812701.html

ケジュマンの退場が全てでしたが、だからといっていたらどうなった、という試合でもなかったですからね。
セルビア・モンテネグロはそんなチームではないはず、というよりもアルゼンチンの凄さが目立った試合でした。
攻撃えを展開するアルゼンチンは並みのチームではどうにもできないですね。

今回はサビオラの活躍を褒めないわけにはいかないでしょうね。得点こそ決めなかったものの、基点・アシストとしての彼の働きこそが今日の試合を決定づけたものと思ってます。もちろん「王様」リケルメもですが。益々、サビオラ戻せよ、とおもったのですけどね(無理か。グジョンセン獲ったしね、なんかサビオラかわいそうになってきた)。

チームとしても益々面白いチームになってきた感じが伝わります。今回はあまり期待してないんですけど、化けるかもしれませんね。なにせ、マラドーナで優勝してからすでに20年が経過しているのですから・・・

しかし、この2人の活躍をかっさらっていった一人の若者が
この試合にはおりました。

レオ・メッシ!

遂に出てきました。チャンピオンズリーグファイナルには
間に合わず、巷ではどうなってるのだ、とか試合前日にまた打撲をおったりとか気を揉ませた彼がワールドカップデビューを果たしました。

そして、1アシスト、1ゴール!!!!
いきなりの結果を出してくれました。
ってか、ここでゴール決めて試合の主役になる所がこの
若者の凄さを語ってます。アルゼンチン代表史上最年少ゴールらしいです。マラドーナもばんばん写ってました。もう、いいだろ?ってぐらい(笑

彼にはやはり光り輝く未来がまっている。

レオ・メッシ。
彼の名前は覚えておいて下さい。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

なんかなんだか(チュニジア対サウジ)
06月14日 チュニジア VS サウジアラビア
http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060615-00000019-spnavi-spo

すみません、1対1になってサウジが1点返した所で記憶が途切れた。
(しかも素晴らしくスピードと展開のある点の入り方がサウジらしくなく素晴らしかった)
しかも、ものーーーーーーすごーーーーく適当にみてた。
(結構珍しく)
なのでそれぐらいしか書けん(苦笑

なんか、後で見たら、チュニジアロスタイムに同点にしたらしいね。

アジアって・・・・アジアって・・・・そういう運命?(笑

テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

圧勝(スペイン対ウクライナ)
06月14日 スペイン VS ウクライナ
http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060615-00000024-spnavi-spo

スペインが今までに無いようなびっくりする展開で圧勝した。
ありえないぐらいの圧勝。
ウクライナに本当に何もさせずに終わらせた、感じ。

特筆すべきはカルレス・プジョルのアシスト!
いいですねぇ。

ま、あの退場で決まっちゃったね。ちょっと厳しい判定だと思うんだけど、
シュフチェンコも当たり前のように出たかったんだろうけど、出ないほうがよかったのかもしれない。

ラウールをスタメンに外すという「快挙」(笑
当然でしょう。

プジョル、シャビ、ルイス・ガルシア、イニエスタ、セスク・・・
なんか感慨深いな。

つか23戦まけなしだよ、これで。
すごーい。
これで優勝候補だ!と騒ぐ人もいるかもしれない。


しかし、忘れてはいけない。

圧勝でもできる。
しかし、ポカするのもスペインなのだ。

まだ信じちゃいけない(笑

信じられない(苦笑

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

とても日本らしい試合 対マルタ
06月04日 日本 VS マルタ
http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060605-00000000-spnavi-spo
まず、一つ断っておきますが、
前半途中から見たのと、最後のほうは退屈で退屈で 、真剣に見てません。
「とても面白く」観てました。・・・もちろん皮肉です(笑

一言でいうととても日本らしい試合でした。

一般的に格下と考えられている相手に合わせてしまうサッカー。何を意図してやっているのかさえ、わからない混乱ぶり。

面白かったのが、中田英と周りの温度差ですかね?
パスのスピードについていけなかったり、狙いを感じられない 中盤とFW陣。ある意味ぬるーい展開サッカーに中田が怒っているようにも見えたのですが。 それはそのまま、世界と日本の差なんじゃないの?
もちろん、彼にミスがなかったのかというとそうではありませんが、それよりも上記の方の考え方の違いが未だにあるのは、はっきり言って「甘い」のでは?
日本代表、選手層は薄い。

ミドルからのシュートはいいんですが、揃いも揃ってふかしすぎ。あれだけフリーでミドルうってもあれじゃ、プレーが切れるだけで全く効果的ではないですね。 デコとか見習ってください(笑

んで、バイタルエリアでの不用意なファール。
特にドイツ戦あれだけセットプレーからの失点がどうこう言われていたのにも関わらず、これはなんなんでしょう? 修正をする気があるのでしょうか?

この試合の意図は前にも書きましたが弾みをつけるための 試合だと思うんです。

でもね、またまた相手に合わせてしまう「ふがいなさ」
ブラジルがニュージーランド相手に4-0で弾みをつけたのと 大きな違いですね。

確かにマルタは引いてやってましたが、それでもね。 非常に面白い試合でした(笑

そして、あいかわらずの馬鹿マスコミ。
オーストラリアがオランダとドローで、クロアチアがポーランドに負けた。だから、オーストラリアが手ごわいとか何局かで言ってました。

いや、元々オーストラリアは強いですよ、クロアチアは落差は激しいですけど、ベストメンバーでもなかったわけだし、確かに観て日本同様あんまり収穫はなかったかもしれないが(笑、それでも弱いわけではない。相手もポーランドだったしね。

それから、マルタ戦をみてふがいないという論評もありますが、ドイツ戦もふがいなかったですよ???相手を見て、コメントしないでよ。そんなのだったら、誰でもコメントできます。

・・・大丈夫???
短絡的にしかできないんだったら、しゃべんないで。うざいから。

マスコミに萎えます。フットボールを感じて下さい。勉強して下さい。

まぁ色々ありますが、本番で調整されるんでしょうから頑張ってくださいな。一応は観ますので。応援するとはとてもいえませんが、みたら応援はするんでしょうね、きっと。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。