プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC 決勝戦
世界一。いい響きだ。WBC決勝戦日本対キューバは10-6で日本が勝ち、初代王者に輝いた。

正直、韓国戦よりも冷静に試合を見ていた。
初回の4点とり、優位に試合を進めた日本、8回に1点差に追いすがられた時も、
不思議と勝つだろうと思っていた。キューバの投手の出来が今ひとつという事もあったし、
ミスも色々あったけど、日本のチームがまとまっていると感じていたからかもしれない。

ボブの誤審に始まり、韓国戦2連敗。
日本のチームがまとまるのにはいい「理由」があったと思う。

決勝戦もミスは多かったが、チームとしてまとまるというのはこういう事だと示していたと思う。

素晴らしい優勝ですよ。王監督はいい仕事しましたね。

そしてICHIROの存在。日本に不在だったリーダーという存在を大きく意識して、
プロというものをチームに植えつけてくれたと思う。今の現役選手の中でこの役は
彼にしか出来ない。結果的にオーダーで3番になったのも「ききました」ね。
1点差に追いすがられたのを引き離したのも彼の一振りでした。

再びキューバを破った松坂。MVPにも輝いた漢は、もういますぐ日本を飛び出した方がいい。
そんな小さな世界に留まる「暇」はもうないはずだ。どんな手をつかってもね。

観客もアメリカらしく、エンタテインメントの国だったし雰囲気もすばらしかった。
このシステムが不備だらけの大会を盛り上げたのも観客の力も大きいのではないだろうか?
野球の醍醐味を伝える一因になっていたはずだ。

あと日本球界からのお祝いとかいらない。見ててうざい。
これを見て、気持ちとは 何か、伝えるものをもっと考えるべきだ。
そんな暇あるなら、いろんなこと考えてほしいし、一層練習に励んで欲しい。

今は忘れ去られた感のある「野球は面白いんだ」、という事を思い出させるのは君たちの役目ですよ?
そう、日本の野球は本当の意味での「プロ」ではまだないのだから。

野球って面白い、
それを体現させていく必要を考えてもらいたい。
でないとファンは戻ってこないと思いますよ。

次は3年後。
その時は、本当の意味での「プロフェッショナル」を体現して欲しい。

スポンサーサイト
それこそがプロフェッショナル
WBC 日本対韓国は6-0で日本が勝利し、決勝進出した。

今日はもう何も言うまい。

「勝つ」

たった一つのこのことに全員が集中していたと思います。
この試合に関しては「似非」とつけるのは失礼だと思うし、
気持ちが一つになっていた。

プレーの「質」については正直言って、細かいミスというか、判断ミスが結構あって、微妙だと思います。

だが、それよりも「気持ち」が完全に上回っていました。
また、そのミスを帳消しにするプレーで埋め合わせを行った選手も
いますので、そういう「野暮」なことは触れないでいたいと思います。

選手には「プロフェッショナル」という事。
「向こう」で見ている人達へ発する・伝えるものとはどういうものなのか。
そして自分の為に。

たくさんのことを今一度考えてもらいたい。

同じ相手に3回連続負けるという事はすなわち「レベル」の差という事に
つながるからこそ、今日は負けられない相手だった。

本当にいい勝利だった。

韓国も素晴らしいチームだった。惜しむらくは1度目・2度目に日本が
犯したようなミスを今回してしまったという事だろう。

それにしても、あれほど、試合中で喜んだICHIROを見たのは、初めてか
もう何年ぶりだろうと言う位見てない気がする。

それ程の重みなのだ。

井口はチームや立場的に仕方ないとしても松井が出なかったのは個人的には判断ミスだろう。逆に大塚やICHIROには「大きな勲章」を携えて、彼らに見せ付けてやって欲しい。

さて、決勝の相手はキューバである。
世界位置のアマチュアチームである。実力からいうと
正直キューバの方に分があると思います。

しかし、こちらはプロだ。
最後まで「プロフェッショナル」とは何か?

伝わる野球を「貫いて」欲しい。それは今後の野球人生においてでも、
である。

それこそが今やもう忘れ去られた「野球の醍醐味」につながるのだから。

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

気持ちの問題
WBC メキシコ対アメリカは2-1でメキシコが勝った。
2点以上メキシコがとって勝利すると失点率の差で日本が辛くも2位となり、準決勝に進むことになった。まさに地獄から天国を味わった事となったわけだ。

しかし。
アメリカはあれだけ自国に対して有利に判定してもらいながら、自滅しましたね。(今回の試合も日本戦のボブがまたやってくれました。こういう審判は追放して下さい)ちょっと正直意味分かりませんよ。メキシコも気持ちが入ってたと思うんです。アメリカを圧倒してましたしね。サッカーでもFIFAランキング上位にいますが、アメリカとは「ライバル」なんでしょう。予選ではアメリカに負けていたし雪辱を晴らしたという事になります。

さて、これで三度(みたび)韓国と日本が戦うのですが、昨日もそうだし、予選ラウンドでもそうですが、負けたのは中途半端でもなんでもありませんでした。ミスで自滅は確かにそうですが、本質的には少し違うと思います。また、実力的にも連敗してますが、差はないと思いますよ。

韓国にあって日本にないもの。それは「気持ち」。

日本人に一番欠けているものははっきり言って韓国よりも伝わってこないのです。日本人は心の奥底に「秘めたる闘志」というのが好きなんですが、いい加減に気づいてみてください。

観客のあの応援と一体感。国民性といってもいいかもしれませんが、とにかく日本にはやはり負けたくないのですよ。
それに対して、マスコミも「残念・悔しい・韓国は強かったですねー」とほぼ「受け入れてしまってる」んです。要は確かに結果はでてしまったんだけど、「受身」なんです。それに対して韓国は受身ではなく「攻撃」なんです。もし、逆の立場であれば、韓国国内は大騒ぎになっていたかもしれない。
そりゃ気持ちの入りようは違うと思いますよ。

「気持ち」が伝わる選手はICHIRO「だけ」です。普段はあそこまでオーバーアクションしないICHIROがなぜ、WBCに関してはこうなるのか?昨日の韓国戦を「自分の野球人生の中で最も屈辱的な日」と言い切れるのか。

多分、もう気づいていると思うんですよ。周りも。
いや、気づいてください。

彼がなぜ、ああいう態度なのか? 彼は「プロフェッショナル」であると同時に「日本人」なんです。日本を世界一にしたいんです。だから勝ちたいのは当然。それだけなんですよ。ちょっと意地悪な言い方をすればチームから信頼されずに出場「しなかった」松井秀とはレベルも違います。

もちろん誰も勝ちたいと思っている事でしょう。でも、ICHIRO程そう思っているんだろうか?と感じてしまいます。画面からは少し伝わってくる度合いが少ない。

日本の「似非」プロ選手さん達。あとは「結果」を残すのみです。実力的には差がないと思いますから。

WBCに関しては面白い野球が戻ってきつつあるのです。
こういう野球をすれば、ファンは自然と戻ってきますよ。

久し振りに野球の醍醐味を感じています。
でも、やはり所々に「あ、駄目だろうな」的な気持ちの見えない部分がまだ多いのも確かです。

あと少し。
壁を打ち破るいいチャンスなのではないでしょうか

WBC アメリカ戦
WBC アメリカ戦

久々に「ベースボール」を見たような気がする。アメリカ偏重主義ではないが、どうしても日本の野球は面白くない部分も目に付く。選手もプロとは名はついているが、「似非」プロとしかいえないような選手も多い。組織もそうだ。ベースボールにはなれない「野球」であるとずっと思っている。そして、偏見ではなく日本的なスポーツという意味ももちろんある。

しかしながら、今日のこの試合。ミスももちろん多かったが、日本の野球がベースボールに一番近い試合だと思ったし、緊迫したいい試合だったと感じた。

しかし。

結果として日本は負けた。

馬鹿馬鹿しい判定によって。 ビデオで何度見てもタッチアップはOKだし、一番近い線審はOKなのに、わざわざ主審が判定を覆すという「不可解」さ。

そこに「なにか」を感じずにはいられない。絶対勝利主義の裏に潜むものが。 一般的には優勝チームしか「名前」は残らないだろう。
そしてアメリカは勝たねばならないのだから。

残念だ、という言葉は軽々しい。怒りと悔しさが非常に入り混じったなんとも言えない「結果」である。
選手はこれでもしかしたらいっそう「結束」が固まるのかもしれない。

しかしながらチャンスを作って「気持ちよく」出来なかった日本にも
非はもちろんある。

ホームタウンデシジョン。
ボクシングなどでは良くある事であるからだ。

次戦メキシコ・韓国という強豪を倒さなければならなくなった。是非勝って再度アメリカとあたる事になった時、すっきりと結果を出して欲しい。

今回の件で、改めてWBCに注目する人は多いだろう。
ドローとその後の展開大予想!
チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが決まった。

バルセロナ対ベンフィカ

ベンフィカは攻撃という意味においては非常に強いチームです。日本では報道されないからあんまし目立たないけど。
楽勝っていう人がいたら、間違いなくその人は全く「意味」が分かってない人です。監督のクーマンやシモン・ジオバンニはいわずと知れた元バルサの選手でした。今年の補強でさらに強いチームに変貌しましたからね。ミッコリとかいい選手だし、クーマンの采配も結構当たってます。

しかしながら当たり前のようにバルサが勝ちます。
いや、勝って下さい、お願いします。
なにせ、考えてみたら、「クラシコ」間に入ってるんで、精神的にきついのよ。

そして勝つと準決勝ではミラン対リヨンの勝者になります。

クオーターファイナル屈指の好カードです。
ミランが勝つでしょう。リヨンは大好きなチームなんですが、
バルサ対ミラン。 
「忘れ物」第2弾です。時代は違いますが、勝ってあの「屈辱」を晴らして決勝に進みましょう。そのためにもミランに勝っていただきたい。


そして、ユベントス対アーセナル。
あーアーセナル応援したい。でも冷静に考えるとユーべ。まじ強いもん。

最後に、ビジャレアル対インテル・アヤックスの勝者
これはインテルでしょうね(おい)。

で、ユーべ対インテルの「イタリアダービー」。

結果は大方の予想はユベントスでしょうが、ここはインテルが勝っちゃったら、どうにも面白いわけです(もう予想ではなく願望?)。トーナメントではUPSET(と言ったら失礼ですが)が充分にありえます。

Finalはバルサ対インテル。

この試合面白そうじゃないですか。昔から共通項もあるし。
ここも因縁に「けり」をつけましょう。そして、くれぐれも「豚の頭」を”あいつ”に投げないように!(笑

もっと言うと魔術師エレーラとスアレスという後に「グランデ・インテル」を形成した2人の前チームはFCバルセロナであったという因縁もあったりします。

という事で、結果パリで新しいビッグイヤーを掲げるのは

FCバルセロナ

です。(結局これを言いたい) 


しかし、ここまで来るのには、路は険しく果てしない。
チャンピオンズリーグとは本当に難しい大会だ。

テーマ:UEFA CHAMPIONS LEAGUE - ジャンル:スポーツ

乱れて見えた波は平穏
とか書くと何だかわかりませんね。

個人的には「日記」なので、いちいちネタバレとかネタバレなしとか書くつもりは一切ないし、書く必要などないと思っている。というよりもすごく違和感がある。

コミュニティのトピとかは別だけど。知りたくなければこういうのを観たり、探してる時点でおかしいだろ?と思っている。
最近ではニュースなどの見出しで思いっきり結果書いてるし。
嫌なら見なくてもいい。それは親切とか言うのとはちょっと違う気がするんだけど?マイミクさん達は本当にみんな親切な人が多い。
それに対しておいらにはそういう事はできないし(ってかわかっててしてる自分がいて)、非常に不親切な自分が午前7時現在ここにいる(笑
お前、早く寝ろよ、毎日何やってんだ。

さて、題名。
単純に言うと波乱はなかった、って事でした。

チャンピオンズリーグはまだ1試合のこっているものの、今の所は全部予想通りの勝ち上がりである。

バルセロナ、ユベントス、ビジャレアル、リヨン、ACミラン、ベンフィカそしてアーセナル。

波乱はない。これでインテルが勝ち抜けるとなおさらだ。
正直どことあたってもとても厳しい組み合わせになるだろう。楽なチームなど一つもない。

チェルシーには勝った。しかしだから、今後も楽勝だ!なんて言う人が意外に多いこと。安直すぎてありえないだろ?ちゃんと観ろよと小一時間問い詰めたい気分になる(気持ちはまぁわからんでもないが)。

だが、このレベルの高さこそがチャンピオンズリーグの醍醐味だと思う。また心臓に悪い試合が続くが、バルセロナの勝利を信じる気持ちは揺るがない(それと楽勝とかいうのとはレベルが違う)

間違いなく最高のクラブが争う最高のフットボールが待っている。

次はなんとなくアーセナルかユベントスな気も。この次イタリア勢は一寸嫌。その次でいいや。抽選は金曜日。

そして、アディオス、ブランコ。
これで3年連続無冠は99.9999999999999999%決定した。

テーマ:UEFA CHAMPIONS LEAGUE - ジャンル:スポーツ

いよいよその時がきました
本日というか明日日本時間3月8日朝4時45分。

チャンピオンズリーグ1回戦 セカンド・レグ

FCバルセロナ対チェルシー

がカンプ・ノウで行われます。世界中が見守り楽しみにしている
1戦です。

1stレグはスタンフォード・ブリッジで1-2とバルセロナが勝利していますので、アウェーゴールのことを考えると、まずバルセロナが「1点」獲るとチェルシーは3点獲らなければ勝利条件を満たしません。(要はチェルシーが勝ち抜ける為には「2点差勝利」が必要)

なので、まず1点!

それで息の根を止めましょう。

よろしくお願いいたします(笑

ビスカ、バルサ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。