プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仰木マジックは永遠に・・・
先ほど更新されたニュース・・・
仰木彬さんが亡くなった。

この人は「監督」という言葉がぴったりな人だった。

1988年の10・19と1989年の近鉄の敗北と勝利の2シーズンは
関西に居た私にとって忘れられないシーズンでもあった。
忘れたくても忘れられない雰囲気と衝撃が今でも思い出せる程である。

野茂をそのまま伸ばし、鈴木一朗を見出した人であり、
その場を沸かせる采配は本当にマジックと言ってもいいほど、ずば抜けた人だったと思う。恩師であった三原脩氏の三原マジックを継承した監督だった。
お客さんのことも良く考えていた。イチローをピッチャーとしたり、パンチ佐藤をイチローと対比させることによっての「見せ方」は仰木さんでなければ出来なかったと思う。

ああいう飄々とした感じの中に手が早かったり、熱いものがあった事は有名だ。そこに人間的な魅力もあった。だからこそ、イチローも野茂もいまだに何かあれば仰木氏のもとへと通っていた。そういう心を預けられる人でもあった。

野球界は大変貴重でかけがえのない人物をなくした。
この人は「プロフェッショナル」と呼べる数少ない一人だった。
残念でならない。ただただ、残念だ。ちょっとショックが大きい。

合掌。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

FOMAな人でバルセロニスタなら必見。
今、魔法のiらんどでおなじみであり、i-MODEでもセリエAダイジェストを展開している企業が、チャンピオンズリーグの動画配信も行っているとの事。

バルサのCLでの動画も配信しているということですので。是非、チェックを。

メッシの初ゴールシーン、ロナウジーニョ&デコのスーパープレー動画が見放題(保存不可)!
さらに会員登録(有料 月額315円)で、マラドーナのバルサ時代の壁紙やロニーのエラシコ動画などが取り放題(こちらは保存可能)。

バルセロニスタなら一回は見とく事、いや何度でも楽しむことをお薦めします。

詳しくはサイトへアクセス!
下のQRコードをFOMA対応ドコモ携帯電話にて読み取ってください。
期間は12月26日までですので、CLレア画像を見たい方は今すぐアクセス。

なお、PCからはアクセスできないらしい。残念!


serieQR.gif


屈辱と歓喜と  Jリーグ入れ替え戦
Jリーグ入れ替え戦はヴァンフォーレ甲府が柏レイソルに
第1戦 2-1、第2戦 2-6という「まさか」の圧勝でJ1に昇格しました。

Jリーグ公式戦で史上初のダブルハットトリック(1人で6点!)
を決めたバレー。すごいですね。

でも、翻ってみると柏レイソルの「ふがいなさ」にはほんと残念です。
そりゃ集中力もきれないと6点なんてとられないでしょう。

通常、去年でもいいんですが、「腐っても」J1、J2との入れ替え戦でも力を見せ付けて残る、という事がほとんどだったりしますが、J2の力が上がってきたという事でしょうね。

柏は正直言ってどういうサッカーしたいのか迷走してた感があります。
そして、この入れ替え戦。言葉にならないぐらい、打ちひしがれていることでしょう。

この試合は歴史に残るでしょう。

柏にとっては、柏史上稀に見る大敗と降格の屈辱の。
甲府にとっては念願のそして最高の形での昇格を祝う試合として。

光あれば影もあり、勝者がいれば敗者もいるのが常です。
ここまではっきり分かれることになるとは思わなかったですが。

柏、柏サポーターには今何もかける言葉が正直見当たりません。
甲府、甲府サポーターには本当におめでとうございます、といいたいです。でも来年降格とならないように頑張ってください。

今年のJリーグはこれで終わりました。
天皇杯もベスト8のうち7枠が決まり、最後の椅子をこの柏とJ優勝のガンバが争います。一矢を報いるのか、それとも地獄に突き落とされるのか。

ずっと言ってますが、日本代表の試合は全然面白くともなんともないんですが、Jリーグは面白いですよ。
是非、みんな見てほしいですね。

さて、ぼんちゃん、これで解任は間違いないんで、WOWOWに戻ってきてくださいな。
ワールドカップ組み合わせ決定!
2006ドイツワールドカップの組み合わせ決まりました。グループ分けは
下記のようになりました。

グループA(ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル)
グループB(イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン)
グループC(アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ)
グループD(メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル)
グループE(イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ)
グループF(ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本)
グループG(フランス、スイス、韓国、トーゴ)
グループH(スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア)

=================================================
さて、それぞれ見ますか。

Aはドイツ、ポーランドでしょうね。ホスト国のこの組み合わせは「見えざる手」なのかもしれませんが、まず当たり前のトーナメント進出は決まりでしょう。

Bはイングランド、スウェーデンでしょうね。イングランドはこのまま行けば面白い事になると思います。あと、スウェーデンは個人的に応援してるので無条件で(笑)

そしてグループC。
アルゼンチンは厳しいグループになりました。南米のチームはヨーロッパの大会ではハンデを考慮に入れるだけではなく、シードチームが誰しもあたりたくなかった「オランダ」、そしてアフリカで逆転出場を果たし、アフリカでも屈指の国になったコードジボワール。そして特別枠のセルビア・モンテネグロ。
このグループはどの試合も面白そうです。現実的にはアルゼンチンとオランダの突破でしょう。死のグループと巷では言われるでしょうが、そうは思いません。・・・波乱はあるかもしれませんけど。

Dはメキシコ、ポルトガルでしょう。アンゴラはポルトガル領という事で色々あります。(これも見えざる手?)

E。こここそが死のグループです。
どの国が突破しても驚きませんが、とりあえずイタリアとアメリカと予想します。チェコは難しいですよ、後ガーナはよくわからないのでなんともいえませんが、充分に可能性あります。

F。
現時点で冷静に考えて。ブラジルとオーストラリアです。クロアチアもいいサッカーなんですが。
日本?無理です
ここは別エントリーを設けます。

G。フランス・スイスでしょうがトーゴが気になります。
韓国は論外です。

H、スペイン・ウクライナでしょうね。

全体的に見て、ヨーロッパの大会での欧州優位はかわりません。
それはこの組み合わせを見ても、よくわかります。

いよいよ、迫ってきた感ありますが、まだ修正できる時間は残されているはずです。楽しみですね。
さよならブランコ。
ルシェンブルゴ解任されました。
レアル・マドリー。

まぁ、馬鹿ですね、このチーム。なんにも学習できないんだよね。
ずっと迷走しててください。そのままでいいですよ、はい。

確かによくわからん采配ではあったけど、それなりに意図はあったと思うんですよ、サンチャゴ・ベルナベウの観客には全く支持されませんでしたが。本人も致し方ないと思ってるんじゃないですか?
そして、こんなチームやっぱ駄目だとも。

さて、これでブラジル化した集団にルシェンブルゴという枷が外れて無秩序になるでしょう、一体どこに行くのやら。

自業自得この上なし。
運悪くではないと思うぞ   ボルトン対アーセナル
中田英寿がベンチ外という事でどうしようかと思ったが結局見た
ボルトン対アーセナル。

結果は2-0でなんとボルトンが勝利したというのは知っていた。

しかし・・・アーセナル、運が悪くて負けたという感じではない。
未だアウェーでは1勝しかしていないのだけれども、それ分かるような内容だった。

酷すぎ。

ヴィエラ抜けた穴はやはり大きいですね。ディフェンス陣ががたがた。
加えて相変わらず、不安定なイェンス・レーマン。前に気持ちもわかるのだが、DF陣との息が全然合ってない。それが全体的な雰囲気として醸し出していた。

ボルトンの1点目もいいように崩されてのものだし、2点目もボール奪われてセンタリングあげられて、ドン。

どっちが格上かわからない感じでした。

確かにアンリのいいシュートはポストに嫌われたものの、運悪くなんて感じではなかったですよ。攻めと守りのバランスがなってないというか「チーム」としてどうなのかを問いたくなるようなそんな試合でした。

ベンゲルも苦労するだろうな・・・。

さて、この敗戦でアーセナルのリーグ制覇は99.98%なくなりました。
まぁこんな試合やってるようじゃ駄目でしょう。あとはチャンピオンズリーグに専念してください。そして頑張ってベスト8の壁を破って下さい。今のままじゃ無理だけど。
これからだったのに。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0506/holland/column/200512/at00006857.html

先日心臓麻痺でなくなった26歳の若きディ・トマソのお別れ会をレポートされてます。

きっとエールディビジは小野君以外日本でもなじみが薄いと思いますし、
コアなサッカーファンしか認知していないと思うんですが、是非読んでください。

まだこれからだったのに。

残念です。本当に。
とりあえず。
http://www.fcbarcelona.com/eng/noticias/noticias/n05120301.shtml

FCバルセロナ公式記事より

シャビの手術は成功した模様。
とりあえずはよかった。
でも、気持ちは微妙だ。

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

ガンバ優勝
とりあえず、携帯からコメント。今、等々力。
逆転優勝。
何もいえない。西野、宮本の泣いてる姿に感動した。
続きはこれから千葉に行くのでかえってから。
うそぉぉぉぉぉぉぉ
シャビ・エルナンデスが全治6ヶ月の怪我をしたらしい。

しかも練習中に雨に抜かぬんだピッチの上で転んで。
負傷した右ひざは前十字靱帯の断裂と判明。

うそぉー

ちょっと待て、今から6ヶ月という事は、ワールドカップ直前じゃないか。
・・・落ち着け。
まぁ、彼のプレースタイルから考えると、それでもなんとかなるかも。
それ、希望的な観測だよな。
あぁ、あぁ、どうすんだよ、スペイン代表。

いや、バルセロナも痛いよ。でもさ、バックアッパーはいるじゃない。
私的には今バルサでも確固たるポジションを得ているプレイヤーなので、怪我さえ治ればなんとかなるって思ってるわけさ。

でもさ、スペイン代表っていうのは国際大会で「結果」出してないんだから。
そっちで活躍してもらいたいわけですよ。

グアルディオラの二の舞にだけはならないでくれ。
[READ MORE...]

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。