プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートもロードも関係ないんだ 
ことしの夏も鈴鹿が暑い。
第28回鈴鹿8時間耐久ロードレース決勝はホンダのワークスの清成龍一・宇川徹組が204周完走で優勝した。

宇川は史上最多5回目の8耐制覇。2位にも同チームの藤原克昭、クリス・バーミューレン組。そして、
3位はオートレース・チームHARC―PRO(青木治親、安田毅史組)が監督の森且行(言うまでもないことですが、元SMAPの森君です)の宣言通り、表彰台の一角を担った。

宇川もすごいんですけど、どう考えても、今回の主役はオートレース組ですよ。

そりゃ、青木は125ccのワールドチャンピオンです。もちろん、8耐の経験もある。しかし、まだオートレースではぺーぺーの新人(B2級、ちなみに森君はS級をずっと守っていたオートレース界ではTOPクラスのレーサー。今季はA1級のTOPになってしまったが)。
そのレーサーを今回川口オートと川口市もバックアップし、今回のレースに参加した。

その背景にはオートレースは公営競技であり、イメージとしてはよくない。また、売り上げ的にも減少傾向である。森君や青木選手が来て、女性の観客も多くなったとはいえ、基本的にマイナースポーツといわれても仕方ない。ある種、閉鎖的な空間でもあるし(正直青木選手までオートレースにいったのには当時びっくりした)。
そういう意味も込めて、オートの発展のために参加したのだろう。

だから、変な成績では帰ることはできなかった。
森監督もそういう事もあり、表彰台を獲りますという発言をしたのだろう。

いや、実際のところ、運も味方した。宇川組は別次元の速さだったが、他のチームにはトラブルが続いた。オート組みは予選の12位から着実にポジションを上げて3位に入った。ただ、それも8耐の醍醐味である。

運も実力があるから呼び寄せる事ができる。
これはすばらしい3位だ。

オートレースのことをこれで認識した人もいると思う。
私自身もまだ1度しか見に行った事がない(それもずっごい前)ので、多くは語れないのだが、これだけは一ついえる。

オートもロードも関係ないんだ、と。

方法論は違えど、誰よりも早く走りたい。
そういう思いが選手誰でも流れているんだ、と。



スポンサーサイト
補強とは選手を余らせることではない。
スペインの首都の白いチームがまた迷走しだしたようだ。

ロビーニョに加えて、バチスタ(ジュリオ・バプティスタ)をも獲得してしまった。うん、良く金あるね。

つーか、てめーバルサに来るんじゃなかったのかよ!
と突っ込みたくもなったのですが、まぁ、もうどうでもいいです。
この二人に、ロナウドがいて、ラウールがいて、あぁオーウェンもいた。バチスタはトップ下もできるか、ってジダンいるし。

一言でいいますが、「無駄!」
君達補強するのはそこですか?と。

補強とは選手をコレクトして余らせる為のものではないのが、何時まで経ってもわからないようですね。メレンゲさんの補強は普通に考えて二人とも若くて有能な選手ですから有益なものですが、無駄な選手を抱えてモチベーションを下げてしまうだけですよ。

ルシェンブルゴは結構まともなチームを作るかも、と思ったが、攻撃こそ最大の防御なんでしょうね。

ベッカムも世界ツアーに対して苦言を言ってるし。
彼の試合の出場契約は重要なものだから、文句も言いたくなるだろうけど、本来、1選手がそんなことをいえる立場ではない。

まぁ私には関係ないけど。3年無冠で崩壊でもしといてください。
FCBセミナー
そして、大岡山の東京工業大学にいく。
FCバルセロナのセミナーがあるというのをmikiで教えてもらったからである。

題目は「新生FCバルセロナのマネジメント」
講演者: Esteve Calzada (Marketing Director F.C.B)
        スペイン語にて講演。日本語通訳付き。

パネリスト:
加藤 久氏(ヴィクサーレ沖縄代表、サッカー解説者)
早川 武彦氏(一橋大学大学院教授 スポーツ産業論)

という事で、どんなんだろう?と思って行ってみたわけです。

結論から言うと、特に何もなし。
別に来なくても良かった的な感想です。
途中で出ようかと思いましたが、一応最後までいました。

特に通訳が酷かったですね。ソシオ130人とか言ってるし、意訳は仕方のないことだとしても、
選手や執行部の名前とか省いて訳してたし(あとで他の人にも確認した)。
私サッカーの事はよくわからないけど、通訳しました的な感じでした。 それはないだろーと。

あと音に敏感な者としてはスピーカーから出てくる音が左右どちらかに
振られてしまったり、でなかったりというのはいただけませんでした。

でも、最初はこういうもんだと思うし、大学が頑張って開催したんだ的な事は全然評価してあげたいので、
またこういう機会をもってくれて、色んな人に興味を持ってくれればいいんじゃないかな、と思います。

あと、レジュメというか、紹介文章の間違いの多さに少しむかついたけどね。
ライカールトはかつてFCバルセロナで選手として活躍したらしい。
そんな事聞いたことないけど?(笑。頼むよ、ほんと。
FCバルセロナ来日しました。
本日されました、FCバルセロナご一行。

成田には行きませんでしたが、昼を過ぎてからホテルにちょっと寄ってみました。成田に10時40分予定で、平日だし渋滞してるだろうから、こんなもんだろう、と。打合せで結構近くにいたし。

すると、ホテルの人からあと7,8分で来るとの事(って教えてくれたホテルの対応はとても親切でした)。ベストタイミング。
お出迎えできそう、と。しかも、それほど人もいない。

でも、着いたときには選手はみんな手を振るぐらいでした。
そりゃ、そうだよね。だって、飛行機から降りて、すぐバスで疲れてるだろうし。

で、例によってB2Fに移動して待ってました。 人もそれ程、いなかったので、一番前の列で待つことができました。

最終的には2005の新しいユニフォームに
プジョル・イニエスタ・ライカールト・ウンスエ・オレゲール・マルケス・メッシー・ダミアーそしてロナルディーニョ

にサインをいただきました。
で、そのまま仕事に戻りました。

しかし、正直言って、今回のファンのマナー悪すぎです。ロナウジーニョのサイン欲しいのは分かるけど、警備員やホテル関係者もかなり切れかけ寸前。横はいりも平気でするしサイン貰って下がろうと思っても全く動けなくなるどころか、押されて全く動けない。みんな押しすぎて彼自身も危険としか言わざるを得ませんでしたよ??
あと、メッシーがかいてくれた時も、雰囲気異常で、ホテルにお客さんいるのに、騒ぎ出してるし、それを見てメッシー苦笑いしてましたから・・・。。もちろん、サインを貰って嬉しい人はたくさんいるし、私もありがたかったですが、ちょっとこの人たちはなんなんだろう、と。そう思ったら、全然嬉しいどころか情けなくて・・・。最低限もらったら、後ろに下がるとか、一人一枚にする(基本です、というか選手に失礼です)とか「節度」を持って行動して欲しいです。マナー守ろうとする人達もいるのに、一部の人達で台無しになるんですよ、ほんと。
中には、サイン目当てで「マンUは行きました?バイエルンはガード固いですよね?レアル・マドリーはどうでした?」とかお前、バルセロニスタの中で意味わかってんの?的発言する「変な」集団。これ見よがしに俺サインゲッターです的アルバムを持ち歩いている人たち・・・
あぁ、すごい書いててむかついてきた

こういうのが重なると、選手の疲労(というかストレス)が無駄に溜まってしまうのではないでしょうかね。

今日は夕方より、FCBのセミナーに行ってきます。

元々今回の来日は自分の中で盛り上がってないのに、さらに気持ちが盛り上がらない。 なんなんだよ、これ。
マイヨジョーヌを着たまま舞台を去る ランス・アームストロング ツール7連覇
強かった。しかも、圧倒的に。
これが今大会を以って引退する選手なのだろうか。

ランス・アームストロングは世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」7連覇を達成した。

ミゲール・インジュラインが5連覇した時もこんな記録は破られないと思った。しかし、それを超えて7連覇。記録は破られる為にあるというが、この記録は不滅とさえ思ってしまう。

なにせ、現時点でアームストロングの他に連覇ができるような選手は他に見当たらない。元々、この競技は個人の力だけでは勝てない。チーム力が非常に重要である。ただ、昨年、そして今年は特にチームの強さが目立った年でもあったと思う。USポスタルからディスカバリーにスポンサーが変わってもチームとして力はなんら変わらなかった。

チームの完璧なサポートがあり、一人の力が必要な時にはそれを使って、彼は7度目の優勝を飾った。しかも圧倒的といえるほどに・・・。

ウルリッヒはランスの後にチャンピオンになるかもしれない最有力候補である。ただ、それは世間からアームストロングのいない「仮初めのチャンピオン」といわれてしまう可能性もある。それだけ偉大なチャンピオンである。

癌に侵され、それを克服し、そしてツール7連覇・・・。

LIVESTRONG

強く生きよ、という彼が用いたこの言葉こそとても重いものだと、彼自身が知っている。だからこそ、胸を打たずにはいられない。

本当は8連覇を狙っても獲れるような気がする。ただ、それを彼は選ばなかった。マイヨ・ジョーヌを着たまま、チャンピオンのまま引退する。なんと見事な引き際だろう。そして、彼は家族と共に過ごすことを選んだ。それは誰からも非難されることではない。

この時代に生き、ツールを観た人にランス・アームストロングの名前を
忘れるものなど誰もいない。

そしてまだ、これからも。
彼の「闘い」はまだ終わらない。

LIVESTRONG。強く生きていく為に。


(8/2追記)これを是非、読んで欲しい。
http://www.cyclingtime.com/modules/wordpress0/index.php?p=927
ランスの会見である。
混迷の長靴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050727-00000017-spnavi-spo

どうなるんでしょうね。ほんと。もうすぐ開幕っていうのに・・・。
スケジュールもたてられないでしょうに・・・。

ジェノアの復活に喜んでいたのに。
ジェノアはおそらく、C1決定で覆らないでしょう。
メッシーナはまだわかんないなぁ、逆転は充分にありえるし。

とりあえず、状況をも守るしか何もいえないのだけど、ヴィオラこんなことに巻き込まれないでよかったと思いますよ、ほんと。
歴史は継承された 全英オープン
第134回全英オープンはタイガーウッズが優勝した。

2位のモンゴメリが9アンダーで、タイガーが14アンダー。
まさに圧倒的であった。

これで4大メジャーすべてを2回以上優勝するという
ダブルグランドスラムの達成である(通算10勝目)。
これは二クラウスが達成した年齢よりも2歳若いという事である。

2005年はマスターズ優勝、全米2位、全英優勝。

今年はタイガー復活の年でもあった。確かに「完璧に強いタイガー」
ではない、しかし、他の選手とは違う「強さ」が彼にはある。
まるで2年前からメジャーで勝てなかった為に、限界とまで言われた漢はここにはいない。それどころかそこでの経験が今の復活につながっているのではないかと思えるぐらいである。それぐらい落ち着いていたし、「スキ」もなかった。そして1日目午後スタートでいい状態でプレーが出来たことをはじめ(午前組は天候などの影響でスコアが伸びなかった)、彼がプレーする時だけ好転といった「運」も味方にした。


そして、二クラウスがメジャー引退した大会は100%タイガーが
優勝をした。世代交代の印象的なシーンでもある。
現在タイガーを脅かす選手のいない今、間違いなくこれを継承していくのは彼だろう。

歴史はこうしてまた紡がれて続いていく。

帝王と呼ばれる存在は彼一人。
ジャック・二クラウスが2005年全英オープン二日目で予選落ちしついに
全てのメジャー大会から引退した。

二日間でトータル+3。カットラインに2打及ばなかったものの、
これは丸山茂樹選手よりもいいスコアである。単純比較できないのが、
ゴルフという競技スポーツなのであるが、それでも現役の選手に負けないスコアを65歳でも出せるのである。

アーノルド・パーマーに続きまた一人偉大な選手がまた表舞台から去った。

私が彼を知ったのは小学校の時だ。そして認識したのは1980年の青木功との全米オープンでの死闘だった。中学しか出ていないけれど世界に出て行った日本人がすごい大会で世界最強のプレイヤーと優勝を争うというシーンに不思議なものを感じたのだ。バルタスロールの死闘と呼ばれるあの戦いで惜しくも2位になってしまった青木もそうだが、威風堂々とした二クラウスのその姿には圧倒的な(オーラと言ってもいいかもしれないが)ものを感じ、強く認識した。

あれから、25年。とうとうこの日を迎えてしまった。

実はセント・アンドリュースで行われる全英オープンは来年の予定だった。だが、ジャックの引退の意向なども考慮し、彼への手向けとしてセント・アンドリュースでの花道が1年早く用意された。

そして、二日間のすばらしいプレーと最終ホールのバーディーで「歴史」に幕を閉じる。その堂々かつ(しかも彼自身も)感極まる姿とプレーには誰もが目を離さずにはいられなかった。

ちなみに最後に一緒に回ったトム・ワトソンは私自身はありえないと思うが「新帝王」とも呼ばれた。そのワトソンは「露払い」としては充分に役目は果たした。

そしていつか、タイガーウッズという大きな存在は彼の記録を塗り替えていくだろう。この全英に優勝すれば、もうすでにダブルグランドスラムになるのであるのだから。その台風のような強さはいつか「覇王」と呼ばれるのかもしれない。記録は塗り替えられるものである。
しかし、その紙の色からゴールデン・ベアとも呼ばれ、振る舞い・仕種などを含めて真に「帝王」と呼ばれるべき「存在」は彼一人だけである。未来永劫。メジャー18勝とかサム・スニードに次ぐツアー73勝とか、圧倒的な強さであってもそんな記録「だけ」で帝王と呼ばれただけではない。

こんな選手は現在どこにも存在しない事が皆にもよくわかったはずだ。

ありふれた言葉ではあるが、ここで「歴史」は終わり、彼の逸話は「神話」へと昇華した。しかし、彼はまだ走る事はやめない。
今までもあったように青木功達とともに、これからもシニアツアーという舞台でまだ死闘は続く。まだ終わる訳ではない。

しかし、私も競技ゴルフではないにしろ、ゴルフというスポーツに間接的にでも関わったもの(今は違うが)として万感の思いを込めてこう言いたい。
いやきっと世界中の彼のプレーに魅了された人はこう言うだろう。

Thanks,Jack!
裏切りのエメルソン
浦和のエメルソンが移籍 再来日せずカタールへ

まぁいいんじゃないでしょうか。

ここまで戻ってこなかった理由は何も子供だけではないだろうし、チームとしても規律を守らない選手は要らない、というきちんとしたものがあって、移籍金も納得したものがあり、本人も了承したのだから。

でも、サポーターはどうなんでしょうね。裏切りの一言しかないんじゃないでしょうか?最後も立つ鳥あとを濁しまくりだし、美しくもない。
何も言わずにカタールに既に入ったエメルソン。プロとしてどうなんですか?しかも、カタールリーグですよ。
微妙です。

元々向こうは高額の年棒でひっぱるリーグではありますが、なじみもないしベテランの都合のよいスケープゴートのイメージしかないです。

ただアルサドはAFCチャンピオンズリーグのグループCを突破してベスト8に現在いるという点で、磐田や横浜より「よい」のでしょう。
ん?監督はミルチノビッチ?げ、ミラクル起こすチームかも。

次にエメルソンが来日する時は今年の12月かもしれませんね。

そのとき、サポーターはどういう顔をするのでしょうか?
破壊王 散る。
http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050711-00000305-yom-soci


橋本真也が急死した。
あまりにも突然の死であり、なんだかよくわからない、というのが本音である。ただ、わかっているのはもう彼がリングにあがる姿は見られない、という事だ。

決してかっこいいスタイルではなかった。とにかくぶつかっていくようなイメージしかない。ぶつかりあってぶつかりあって自分の存在を示してきたような気がする。

小川直也との新日での戦いもそうだ。最終的に負ければ引退とまでした試合に負け、一時引退した。あれはあれで潔かったが、私の中で破壊王はここで終わっていた。

復帰してすぐに独立することが既定路線となって新日をクビになり、
ZERO-ONEを旗揚げし、団体を引っ張っていった。
しかしながら、怪我がちで欠場しがちだった彼は結局の所、団体としての求心力も集客力も次第に失ってしまう。体はもうぼろぼろだった。右肩の手術もうまくいき、ファンもまたリングに帰ってくるのを楽しみにしていたはずだ。

ZERO-ONEはZERO1-MAXに引き継がれ、破壊王を遮る壁もなかった。

どんなに地におちようと、這い蹲っても、彼は彼であり続けた。だから、ファンは彼を見続けたのだろう。

そして、蝶野も武藤も破壊王の帰還を待っていた。
それももう叶わない。

闘魂三銃士は永遠と消えた。早すぎる死としか言いようがない。
だが、彼の魂は価値観は違えど残った二人にもそしてZERO1-MAXにも引き継がれていくに違いない。
FCバルセロナ 再来日決定。
バルセロナ再来日決定!

http://www.fcbarcelona.com/eng/noticias/
noticias/n05070803.shtml


FCバルセロナの公式にてプレシーズンの事が書かれていますが、うわさどおり再来日が決定しました。

7月29日に来日で30日試合(場所は未定だが、相手は横浜Fマリノス)で、8月3日に中国で(という事は7月31日とか8月1日に日本をたつのかな?)


正直、またマリノスですか?
岡田がバルサをまねてどうこうというのもありましたが、同じ相手とやってもしょうがないじゃん、というのが感想。

しかも、チケット販売もまだ未定だし、ここからやって大丈夫?という感じです。時期的に確かメレンゲも来ていたと思うので、あてつけ?じゃなくて、どっちが人気あるのか比較するとか?

しかもこの時期は8月13日20日のスーパーカップ(対ベティス戦)が控えているので最終調整をしなければいけない時期。
大事な時期です。

微妙だ。
まぁ決まったものをあれこれいっても仕方ない。いい事をあげると

前述のように最終調整段階になる為に、ロナルディーニョ、エトーをはじめベストメンバーで来日することが予想としてあげられることです。

ロナウジーニョ(前述の書き方とあえて代えてます)が来る(勝手に決めてますが)という事で、にわかに日本人も盛り上がってくれることでしょう。

しかしながら、私たちソシオは冷静かつ大胆にFCバルセロナのことを布教しつつ
盛り上がらないと。いい機会です。

まぁ、どこであろうとも行くしかないでしょうね。間違いなく。
ロナルディーニョ 契約
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/
headlines/20050708-00000021-kyodo_sp-spo.html


2010年までで総額166億円の契約とか言われてましたが、こんな感じで。
もちろんわかりませんが、この記事の通りであれば、この年棒は妥当なような気がします。年棒ですが、変な話まだ首都の2年連続無冠に輝いたチームの選手の方が高いのですから。それに5年+アルファですから、お互いがOKなら、2010年まで所属することでしょう。

オプションが付けばもっと高くなるのでしょう。

ペレやマラドーナとは違う、圧倒的な技術とファンタジー、そしてサッカーの本当の楽しさを思い起こさせるという意味で、既に彼もまた特別な存在になりえる可能性が充分にあります。90年代は群雄割拠の時代で長らく不在だった「唯一無二」の存在に。

そういう選手がFCバルセロナで光を放つと考えるのは最高です。

しかし、デコ、エトー、シャビなどチームに対する忠誠(いい意味です)と磐石の体制。今季も強いバルサは変わらないでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。