プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん・・・ラッキー?   日本対バーレーン戦
ワールドカップ予選3RDLEG 日本対バーレーン戦はオウンゴールの1点を守り日本が辛くも勝利しました。
とりあえず、勝ち点3を奪ったことだけは評価できます。お疲れ様でした。正直、それだけDEATH。

試合としては全然面白くともなんともなかったです。むしろ退屈でした。

あと3バックの方がやり慣れてましたね、確かに。
但し、だからといって4-4-2が悪いと言う訳でもありませんけれどね。
結構3バックじゃないと駄目みたいな意見もあると思うのですがシステムがどうこうとかいうよりはもっと根本的なものが足りないと思いますよ。
宮本、田中、中澤だからできてるのかもしれません(まぁ中盤ももちろん影響されてますが)けど、
これ一枚いなくなって3バックが機能しないなんていうのは本当は”論外”ですから。
システムがどっちがいいとかそんな「単純な話」でもないのですけど、確かに今日の方がまだ統制は取れてました。

日本のサッカーってがむしゃらさも足りなければ、相手に対するプレッシャーもきつくない。
綺麗にパスをつばげようとして、シュート打たない。何ら改善はされてませんね。

相手は日本を研究しています。もちろん、日本も研究はしているんでしょうけれど、相手によってどう変化させていくのか、というレベルには達してません。それよりまずは自分達のサッカーが確立していないばらばらな今の原状を考えてみるとそりゃ接戦になるはずなんですよ。チームとしての「精神」がないんだから。あと、日本のFWはまだマリーシア下手なんだから余計な事しなくでもいいです。
前が開いたらとりあえずシュート打つぐらいの気概で十分です。
あとはミスが多すぎ。

今日の勝因はコーナーが多かった事で相手の緊張を上乗せし(緊張が途切れたり、また緊張状態になるってのは続くと精神的にによくない。そういう意味でプレッシャーはかけたという側面はもちろんあります)混乱させた点にもあると思います。
なので、まぁ引き分け終わらなくてラッキーでした。
三都主は目立ってましたが、あれだけあからさまだと抑えられて
ヨーロッパ相手の試合ではなにもできない可能性もあります。まだサイド攻撃も課題なんですけど。

まぁ色々言うのもなんですが(言いすぎ?)とりあえず、勝ち点3を獲っただけで文句はありません。
難しい試合になるのは全然わかってましたから。

逆に負けなくて良かったかもしれませんね。
今の段階で危ないとかもう駄目だとか一喜一憂しているマスコミさんたちはお疲れ様ですがもっと冷静に観てもらいたいものです。
変な話今日負けても別にワールドカップにいける可能性がなくなってた訳ではないし、追い詰められたわけでもなかったので。

とりあえず今日は勝ちました。それでいいのかもしれません。
ワールドカップに出たいだけならそれでいいですよ。勝ち残って生きたいのであれば、非常に課題は山積してるけど。試合後のみんなの顔はどことなくそれを感じているからこそ、あの顔なのかもしれませんけれどもね。
スポンサーサイト
珍しくテレ朝いい仕事してます。
イランに負けて日本戦が終わり、今テレビ朝日では
サウジアラビア対韓国やってます。

いや悪いけど、こっちの方がまじで面白い。

そして、やかましい一般レベルの解説とはおよそ呼べない
松木がいなくて、サッカーのアナウンスをアナウンサーも
ちゃんとしてます(笑、いや笑い事じゃない)

なんだ、やればできるじゃん。

珍しくテレ朝いい仕事してます。
この敗戦は想定内の出来事です イラン対日本
珍しく擁護しましょう。

ワールドカップ予選 イラン対日本は2対1で完敗しました。
えぇ接戦じゃないです。惜敗とか書く新聞もあるでしょう。違います。

完敗

しかしいいんじゃないですか?
私はこれ想定内の範囲だと思います。
まさか全勝するとか思ってる人いました?

・・・無理です。

アジアカップみてもわかりますが日本とアジアの強国との差はそんなにないです。日本は絶対的王者ではありませんでしたからね。

今日の敗戦は授業料です。来週のバーレーンに勝つ為の。

マスコミはレベル低いんで、これで枠圏外に転落とか書いちゃうわけですよ。いや、3位でもプレーオフの可能性あるんで圏外ではないですが。今順位なんて関係ないし。
あんまり一喜一憂しないって(笑

それより何より出場枠多いし。
昔とは違いますからね。ただ、楽して出場できないのはわかってましたので。昔の2枠とかならもう、これはちょっと落ち着いてられませんけど。

今日の敗戦を繰り返さないように。
しかしドイツ・・・じゃないイランもミスだらけだったけどアジアレベルならいいチームです。

高原もあそこまで下がって守ってるぐらいですから点なんて望むべくもない。貴方は点を取ってなんぼです(とはいえ、彼まで守らなきゃいけなかったのも事実ちゃ事実ですが)

あと、俊輔。出場してたんですね。どこにいました?あぁフリーキック蹴るときだけ出てくるんですね。君はフィジカル強いチームと対戦する時は前から言ってますが「スーパーサブ」で結構です。
後から出てきてファンタジー魅せるのが君のお役目でしょ(笑

加地君はねぇ、いや今回はやめとこう(苦笑。もっと精度と行く気があればね。そして途中出場したけど、2秒で消え去った小笠原君(まぁ仕方ないといえば仕方ないのですが)・・・そしてずっといたけど何もしなかった(できなかった)三浦君。


2点目は4バックになれてないDF陣の連携がまだまだという事ですから、今日はいい授業料ですよ、しかしまぁあれだけさくっとセンタリング入れられたら「あ~あ」っていうしかないですね。個人的に言えば、今の日本のシステムから考えたら、今までやってきた3バックをスタンダードにして、局面で4バックに切り替える、もしくはその逆の方がわかりやすい気もします。その方が「自由」かも(笑

中沢と宮本は「換え」がきかないですね、やはり。

あと、またこれで中田不要の声が馬鹿マスコミからでるでしょうが逆です。今日の試合観て益々中田の存在感は増しました。
・・・小粒揃いの日本代表にとってはね。
ちなみにこれも何度も言ってますが、中田君は王様でもなんでもないので。自分のやるべき事をしたいだけ。(まだまだ「本来の彼」ではないような出来でイージーなミスも多かったですが)今日のような試合で誰か個人が突出して抜け出るのは難しいでしょう。ジダンとかロナウジーニョでもいないと無理。個人のレベルはまだまだ改善ですかね。
みんな次への動作とレスポンスが遅い。以前から言ってますけどね。

まぁ次は間違いなく勝たないといけない試合です。
応援っていうか、観ますので。もちろん気になってるんですから。
クォーターファイナル組み合わせ
チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせがきまりました。

● リバプール vs ユベントス
△ ACミラン vs インテル
☐ リヨン vs PSV
◆ チェルシー vs バイエルン

<準決勝>
●と◆の勝者
△と☐の勝者

ということで準決勝に進むのは、冷静に見て、
ユベントス、ミラン、リヨン、チェルシーでしょう。

で、準決勝
ユベントス対チェルシー
ACミラン 対リヨン

そして、決勝は2002年と同じカードで、
おそらく勝者も同じでしょう。


なので、ロッソネロが今年日本に来ます。
またしても。        
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050314-00000022-ykf-spo

IFFHSランキング メルク、コッリーナに次ぐ世界第3位の審判フリスクが引退する決意をしたとの事。

なかなか人気の高い審判ではあるが、ユーロやローマでも何かと議論話題になる審判でもある(確かに微妙と感じる時はあるが、ある種公正な審判の一人だと私は思いますが)。

さて、そのきっかけとなったのは現在のサッカー界では悪名高き「チェルシー」。

そのファンから脅迫を受けたという。しかし、この前も書きましたがチェルシーのファンっていうのはこういう人たちばかりではないと思いますが、レベル低すぎ。久しぶりにフーリガン=イングランドだと思い出しました(逆にすっかり忘れてました)。

それを助長させようとするモウリーニョ。すっかり策士ぶりがみなさんの知る所となりましたが、策士策におぼれる日がいつか来るでしょう。

別にバルサが負けたからではなく、今現在チェルシーこそもっとも頂点に立って欲しくないチーム第1位に認定させていただきます。

レアル・マドリーは元々そういう存在ではなくて、どうでもいい存在なのでこういう風に思ったのも珍しいのですが。

とりあえず、最悪なチームです。ツェフはすごいですけどね。
流れを止めた青とエンジと沈む白
リーガ・エスパニョーラ第28節

バルセロナ 2 - 0 ビルバオ
ヘタフェ 2 - 1 レアル・マドリー

という事でバルセロナが順当に勝ち、レアル・マドリーは予想通り(爆) 格下のヘタフェに負けて、これで差は「11」!!
になりました。(マジョルカはラシンに負け、ヘタフェも勝っちゃったのでこれでもう...厳しいでしょう)

昨年同様、メレンゲはCLに負けて落ち込んだのか、ここでありえない敗北を喫しました。っていうか、この人たちは本当に格下にまずいとこで負けちゃうんですよね(あ、バルサもか・・・まぁいいや)

はっはーざまあみろ。

バルセロナはデコのミドルシュートがディフェンスの足に当たって軌道修正されオウンゴールになりましたが、そういう「姿勢」は以前から変わらずにいるわけですから、運だけとは言い切れません。白に足りないのはそういう「姿勢」と「チーム力(笑」です。チーム力。彼らはもう何年も前にそれをどっかにおいてきたわけですが。

さて、残り10節。
メレンゲが仮に全勝したとしても、バルサはこれで6勝3敗1分けですみます。 まぁ7勝すれば、いいわけですから、マジック7とでも言うのでしょうか?

これでいくとありえないことですが、第31節のクラシコでバルサが負けたとしても、影響の薄い差です(いや、負けは許されません)。

逆にここでバルサが勝つと、残り試合がまだ7試合あっても、もう「詰み」です。

いよいよ近づいて来た感はありますが、最後まで緩めず、完膚なきまでに、メレンゲを地に這い蹲らせていただきたいものです。




そして、ジダンは日本へ(笑
チェルシー対バルセロナ
チャンピオンズリーグ セカンドレグは4-2でチェルシーが勝ち、2戦合計5-4でバルセロナを下しました。残念ながらバルセロナはベスト16で姿を消しました。

正直言って、今回のバルサはあまりにもミスが多かったです。
悪い時のバルサだなぁと観ていて、思いました。チェルシーの攻撃パターンを考えるとあまりにもミスをしてはいけない場面でお粗末になってしまいバルサの悪い流れを加速させました。

多分、観た人はピッチ、采配や選手、判定を含め多分色々な意見があると思います。今回のチェルシーの勝利がすばらしいとも思わない。あまりにもおかしい場面が多すぎたとも思います。だが、負けたことに文句を言うつもりもないのです。そして、敗者は多くのミスを犯した。だから負けた。 そしてチェルシーは少ないチャンスをものにした。それだけです。

それがサッカーなのだから。

そういう意味ではライカールトの「抗議しても無益」という言葉は本当にぴったりときます。その通りなのです。そういう意味でもライカールトは本当にいい監督だと思います。名監督になる階段を今一つ一つ昇っているような気にもなります。

しかし試合の方は本当に白熱しました。すごく心臓に悪いゲームでした。
ロナウジーニョのクラックには誰しも驚いたでしょう。
バルセロナはバルセロナらしいというかこういう戦いしかできないように、とにかく「貫く」ものは貫いたのでしょう・・・。そして、ツェフはすばらしいゴールキーパーでした。

どうでもいい話ですが、Fooknikでは一番むかついたのは、短髪眼鏡の親父です。
チェルシー優勢だと、頑張れ~バルサと、嫌味っぽくいう。 ものすごく見てて気持ち悪いし、むかつく。

別に外人がファック、サノバビッチと罵声を浴びせるのであれば
まだしも(だってこういう場でなくても普通に言うしさ)
嫌味ったらしく言う人間はそいつ以外には誰もいなかった。

そういう態度はお互い死力を尽くして戦う両チームと”正当”な勝者を貶めるという行為だということに気づくべきです。
一ついえることはチェルシーはそういう人間が応援する限り、一切の応援はしない、という事です。 いかにペトル・ツェフが最高のキーパーであろうとも。


・・・さて、敗北しました。もはやリーガのみに集中するしかありませんが、リーガも5年も獲ってないわけです。ですからまだ安心できません。

とりあえず、今回の結果を引きずって、負けないように。引きずるのは昨年のレアル・マドリーだけで結構です。いや、今年も白さんには引きずって今節負けてくれると嬉しいです。

そして、

FCバルセロナレアルリーガ制覇!!レアル・マドリー今年も無冠!!!

のニュースを是非、流してもらいたいものです。
それぐらいしかどうやらスカッとする事がなさそうだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。