プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズリーグ1stLeg結果
ちゅうことで結果。

バイエルン・ミュンヘン 3 - 1 アーセナル
なんだなんだ、やっぱキャンベルいないとこんなに駄目?・・・1点目だってディフェンスがきっちりしてクリアミスしなければ得点とられてないし。本当にディフェンス陣が見劣りしてしまいますね。チェルシー、マンUに差をつけられても致し方ない。
ちょっとレーマンにとっては残念な結果かもしれないけど。今のアーセナルを象徴した3失点です。

リバプール 3 - 1 レバークーゼン
確かに完勝には違いないですが、ロスタイムに献上した1点。ちょっと気にはなりますね・・・。点数差ほど両チームの差はないでしょう。モリエンテスがいなくてもルイス・ガルシアがいました。

PSV 1 - 0 モナコ
ヒディングのサッカーは堅実に1点を守りきりました。そっか、パク・チソンとかPSVでしたね。すっかり忘れてました。彼、いいですよ。今後もっと伸びるのでは?
でもここもまだわからないですね。モナコがもうちょっと組織的な「サッカー」をしてくれると嬉しいのですが、そうもいかない感じなのでやっぱサビオラ頑張れ。

レアル・マドリー 1 - 0 ユベントス
まぁ、仕方ないですね。エルゲラは最近調子良かったし、こういう時銀河系の人ではない人が活躍するもんですから。
とりあえず、ロナウド。最悪じゃないですかね?重すぎ。グラベセンがすばらしいですよ。彼の存在はちょっといやだな。
それにしてもいつも思うんですが、どうも「青」のユベントスは強く見えません。
ネドベドの退場が勝負のアヤかも。トリノでは逆パターンになるでしょうし、とりあえず、1-0で終わった事はポジティブでしょう。メレンゲもジャン・ルイジからそうそう得点できないでしょうが、穴のあるレアル・マドリーでれば、いくらカシージャスとはいえ、全部止められない。で、ユニフォームもビアンコネロだから強そう(笑。
サルガドがいないレアルは今後のリーガにも暗い影を落としそう。


2月23日(水)
バルセロナ 2 - 1 チェルシー
ドログバ抜きとおもったら出てました。しかし、違う意味で「抜き」になっちゃいましたけどね。まぁ、別項で語るとして、とりあえず勝ったけど、あんまり喜べないのも正直な所。
あと1,2点決めてもおかしくはないし、ホームで2-1と言うことは、アウェーで0-1では駄目ですよね?ベレッチのオウンゴールが最後まで響いたということにならなければいいのですが。ちなみに、マクシをこの試合だけで判断するのは時期尚早です。今回は間違いなく彼がMVPですが。
マケレレ対策がなんにせよセカンドレグの鍵。

ブレーメン 0 - 3 リヨン
やっぱりみんなフランスの雄を忘れちゃいけないんですよ。ブレーメンシュートはたくさん打ったんですけど・・・。いや、見てないんでたいしたことは言えないんですが。ベスト8にリヨンが今一番近いですが、6年前のUEFAカップで同じチームのこの試合、第1戦0-3で同じように負けたブレーメン。第2戦で4-0で大逆転勝利をしているようです。そんなものを2度も3度もやられるとリヨンもたまったものではないですが、一つ違うのは、6年前とは戦力が雲泥の差ってことです。

マンチェスター・ユナイテッド 0 - 1 ミラン
予想通り、ニステルローイがすぐに活躍できるほど甘くはないという事です。0-1はまさにイタリアの「ウノゼロ」。完璧です。
それにしても、キャロル。お粗末過ぎ。あんなファンブルがちょっとお目にかかれないし、つめてたクレスポは嗅覚でしょう。だいぶ勘が戻ってきてるのかも。そういやマンU去年も確かキーパーミスで負けたのでは?しかし、プレミアのキーパーはペトル・ツェフと他のキーパーの差とが激しすぎる。
ひどすぎ。

ポルト 1 - 1 インテル
予想通り勝てませんね・・・インテル。ポルト頑張りましたけど、ちょっとインテルのふがいなさが。今週はミラノダービー。この勢いだとミランには勝てそうもないですね。アドリアーノ最近、結果でてませんね。6,7年後とか言ってないで早くレアル・マドリーに行くのも一つの手かもね(笑まだまだ未来がある若者ですが。果たしてポルトがみんなの予想を覆すことができるか?

全ては2週間後のセカンドレグ(インテルとミランはスタジアムが同じのため、インテルが日程遅れます)で。


ところで、今世界中でインフルエンザが猛威をふるってます。
日本も例外ではありませんが、ことヨーロッパのサッカー選手もトレセゲをはじめばたばた倒れてます。ニュースで見るとレアル・マドリーにも蔓延してるとか。で、今週、負けて差が10に開くと嬉しいなぁ。

皆さん、お気をつけ下さい。
スポンサーサイト
CL予想
いよいよチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが始まります。決勝戦クラスのカードが行き交う今回の対戦。見逃すと損しますよ。もちろん、CSにゃ入ってないので私は見れませんけどね。なので、適当に(笑)予想しておきます。


2005年2月22日(火)
バイエルン・ミュンヘンVSアーセナル
昨年無敗でリーグを制したアーセナルはもはやいない。今あるのはヨーロッパでのカップ戦で栄冠が獲れないチームというイメージだけである。そこがミソ。プレミアは諦めたヴェンゲルが汚名を晴らす為には、まずCLでベスト4以上に入らなければこの屈辱は晴れない。そしてそれは選手も同じである。カーンは大事な所でまたつまらないミスをして敗北。

1-2でアーセナルの勝利。

リバプールVSレバークーゼン
ドイツの堅実なサッカーに非常に苦戦するが昨年のCL得点王が勝利を呼び寄せる。昨年再び。

2-1でリバプール。


PSVVSモナコ
モナコには昨年モリエンテスがいた。そして今年はサビオラがいる。混戦を抜けるのはそういう存在があるからこそ。昨季再び。

0-1でモナコの勝利。


レアル・マドリーVSユベントス
今週のサンチャゴ・ベルベナウは大ブーイングが轟いた。そしてこれはこの日にも起こるだろう。
調子を落としているとはいえユーべはやはりユーべで、マドリーはやはりマドリー。
カペッロは今回は堅実に事を運び、ギャラクティカは空廻る。たとえネドベドやトレセゲがいなくてもチームには代わりがいる。しかしスペインの首都チームに代わりとなる戦力はまるでいない。

0-1でユベントス。

そして次戦トリノで疲弊したギャラクティカが木っ端微塵に打ち砕かれる。


2月23日(水)
バルセロナVSチェルシー
チェルシー有利との下馬評が高いこの一戦。弱点らしい弱点が一切なく、ツェホをはじめとするその守備力は間違いなく優勝候補。FAカップに破れ、4冠制覇が夢となった今、一層燃えているだろう。
しかしながらロッベンとドログバ抜きのチェルシーは磐石な存在ではありえない。そして「スペクタクル」とはどういうものなのか、この1戦が教えてくれる。

2-0でバルサが勝利


ブレーメンVSリヨン
何故、人はこの3連覇中のフランスの雄を忘れるのだろうか?
それは単に地味だからである(うそ)実はこのカード屈指のカードだと私は思っている。
チャンピオンズリーグの決勝でつまらないゲームなどない。

1-2でリヨンが勝利


マンチェスター・ユナイテッドVSミラン

意外なもので実は公式戦では初めてのカード。ヨーロッパカップクラスで当たっても不思議ではないこのチームの対戦はシェフチェンコやインサーギがいなくても、クレスポやトマソンが役割を果たすミランが勝利。
一方調子の上向いているマンUにおいてチャンピオンズリーグでは驚異的なゴールゲッターであるファン・ニステルローイが復活してもすぐに活躍できるほどミランのディフェンスは甘くない。
統率されたディフェンスに付け入る隙間など微塵もない。

0-1で確実にミラン。

ポルトVSインテル

誰もがインテルの勝利を予測するだろう。私もそうしたい。しかし、ここの番狂わせが生じてしまうのがサッカー。王者は腐っても王者である。スターのいない王者は獅子奮迅の働きで次戦へ未来をつなごうとする。又、CLでは見違えるような動きをするインテルもこの日ばかりはセリエと同じく勝ちきれない。

0-0でドロー。


もちろん、予想ですから(笑
勝利と敗北と、そして未来へと。
リーガ・エスパニョーラ バルセロナ対マジョルカは2-0でバルセロナが勝ちました。

序盤にプジョルが与えてしまったPKを、ルイス・ガルシアが髪の毛切りすぎて寒そうなバルデスに止められ残念。
ここで1点とってるとわからなかったんですけどね。

本日2得点とも、これまたさっぱりした感のあるデコ。デコはあいかわらず、ミドルから狙ってますが、その放ったシュートをエトーが斜めに走りながらキーパーのブラインドとなり、しかもジャンプしてデコーが放ったボールがいきなり出てくるようなすばらしいアシストを魅せました。あれでは、キーパーもデコがシュートしかのを見えないばかりか、突然ボールが出てきてゴールに向かって飛んでいったとしかいえないでしょう。
2点目はシャビのショートコーナーからデコが強烈に放って得点。正直、これはマジョルカのディフェンスが不用意にデコをフリーにしているし、決して防げない事はなかったのではないか、と思います(多分、カシージャスなら止めてる)。

マジョルカが後半の初めに攻守の切り替えが非常に早く、何度かチャンスを生みましたが、それも生かせず。
バルセロナの方ですが、見ていて、やはり疲れがあるのではないか、前半戦のような動きとはかなり違うな、という気もしています。ポゼッションは70%以上とってるようでしたので、圧勝ではあるのでしょうが、不安を感じてもしまいます。

大久保は後半途中から出場。ボールがこないとか、チームとして得点をとりにいく姿勢が見えないとか愚痴を言う前に、もっともっと自分から積極的に動いてシュートまで持っていくことが必要ではないかと思います。単純に自分の力も足りないという事に気づいてください。これでは、クーベル監督にはまだまだアピール出来てないと思いますよ。

ところで、カンプノウで途中経過が出る時に音がするのですが、観客が騒ぐ、騒ぐ。
「いやぁー、きになりますねぇ」とわざとらしく(笑)アナウンサーが言ってましたが、同時刻に行われていて、あれだけ騒ぐ試合といったら、一つしかありませんよ。

!レアル・マドリーが負けてるってわかったからしかないじゃん!!!

まぁ、今日放送するからいえなかったのかもしれませんが。
残念。
という事で、本日は対ユベントス戦を控えてジダン・ラウル・ロナウドを休ませて余裕をかませてあっけなく敗戦しました。

これでリーガの勝ち点差が7と再び広がりました。
レアル・マドリーは良くこういう事をします。しかしながら、全て上手くいっているのか、というとそうではありません。これでバランスが崩れてまたまた全てを失っていく予感がありありとします。決してコレは贔屓目としてみているわけではなく、今までの流れからみて、という部分です。

一方は未来を見据えて試合を捨てた。
そして一方は未来を見据えつつ、バランスを保つ為に堅実に対処した。

この結果、どちらがよい結果を生むのか。

全ては水曜日。
TUNAMIチャリティー
エスタディオ・デル・FCバルセロナ(早い話がカンプ・ノウ)で本日スマトラ沖地震のチャリティーマッチが行われます。

FCバルセロナの公式HPでもPOPUPにてロナウジーニョ(世界選抜)対シェフチェンコ(ヨーロッパ選抜)という宣伝がありましたので、結構期待しております。

チャリティーと言うことで、メインスタンドでも29ユーロ(約4000円)。・・・安いですね。

出場はこれまた豪華な顔ぶれです。
日本からは世界選抜常連の中田英寿が出場します。
前回のカンプ・ノウでのゴールもまだ記憶に新しいですよね。
彼のプレイは一流の選手たちの動きの方が、より引き出されますから楽しみではあります。

あとは、引退したロビー(ロベルト・バッジョ)も参加予定です。

一応、サッカー中継に関して三流で嫌なんですがテレ朝が録画で明日の23:15より放送します。録画とはいえ、チャリティーならではの競演。

要チェックですよ。
もう配達することはない・・・   カール・マローン引退。
ついに、チャンピオンズリングを手にすることはなく、引退の道を歩む。

カール・マローンが引退した。

ユタジャズをジョン・ストックトンと共に支え続けて18年。
ストックトンが引退をし、自分はチャンピオンを獲りにレイカーズに移籍。

しかし、怪我には精神的にも勝てなかった。

プロ生活19年。NBA得点は不滅のカリーム・アブドルジャバーに次ぐ、36928得点。97年と99年にはMVPを獲得、NBA史上に残るベスト50にも選ばれています。

ジョーダン、マローン、ストックトン、そして、今季限りでの引退を表明したレジー”ミラータイム”ミラー。10年も前はそれこそ「ドリームチーム」で活躍した面々である。

NBAもあの輝かしい時代から時が刻まれているということをひしひしと感じられる。

受け止めなければいけないが、やはりさびしい気になりますね。
とりあえず、勝利  ワールドカップアジア最終予選 日本対北朝鮮
薄氷の勝利。

日本対北朝鮮は2-1でからくも日本が勝利を収めました。
とりあえず、なんでもいいので、勝つことが大事な最終予選ですから、これでいいです。

しかし、です。

なんで、みんな綺麗に収めようとするんですかね?
貴方たちはバルセロナではありません、し、そこまでレベルも高くないし、代表なんだからコミュニケーションも高くないでしょう。加えて、北朝鮮という比較的レベルの違う相手で、決定的なシーンが出来易いとはいえ、こういうことをやっているようでは楽には勝たせてくれないんじゃないでしょうか。

だから、気持ちが伝わってこないんです。
おぼっちゃんサッカーではないんです、ずっと言ってますが。
これでは、ちょっと応援する気がまだまだおきません。

ワールドカップに出ることが目標ではないでしょう?
その先まで見据えるのであれば、ボールを最後までがむしゃらに追う姿勢は捨てないで欲しいですね。
だから細かいミスがいっぱいあったんだと思いますが。

とりあえず、勝ったんで全然OKなのですが。
NBA オールスターに。
NBAオールスターの結果が発表された。次の通り。

WEST
ガード:
トレイシー・マグレイディー(ロケッツ) 199万3687票
コービー・ブライアント(レイカーズ) 181万5952票 

フォーワード:
ケビン・ガーネット(ティンバーウルブズ) 208万7200票 
ティム・ダンカン(スパーズ) 181万2522票

センター:
ヤオ・ミン(ロケッツ)255万8278票


EAST
ガード:
レブロン・ジェームス(キャバリアーズ)166万1204票
アレン・アイバーソン(76ers)159万400票 

フォワード:
ヴィンス・カーター(ネッツ)180万3529票 
グラント・ヒル(マジック)149万7489票 

センター:
シャキール・オニール(ヒート)248万8089票

まぁ、もちろん実力は当たり前にあるわけですが、人気投票ですから。
現在のMVP候補最有力候補のスティーヴ・ナッシュは入らないわけです(ガード3位)
ここで特筆すべき点がふたつ。

一つ目はヤオ・ミンが「あの」マイケル・ジョーダンの最多得票245万1136票を超え、史上最多得票数で出場が決まったことである。(シャックもそういう意味ではジョーダンの得票数を超えているのだが)

そんなに人気があるというのは、日本ではおそらく報じられてないだろうし、中国系の人の得票数が多いのかどうかよく知りません。又、ジョーダンを上回ったのが二人いるということで、どういう投票形態だったのかを知りたいな、と感じます。知ってる人いたら教えてね。

そしてもう一つ。

グラント・ヒルの選出である。ついに、この男が復活してきた。今現在勝率5割以上にマジックがいられるのは、ひとえに彼の存在が大きいからである。ちなみに昨シーズンは21勝61敗(苦笑。
このままいけば、プレイオフにもでれるかもしれない。

グラント・ヒル。
1994年に入団して1年目に咲いた得票数でオールスターに出場。その年の新人王にも輝いた。日本でもジョーダンを越えた、などというCMが散々流れたので覚えている人もいるかもしれない。
その優等生ぶりから、子供たちの人気も抜群で、将来はヒルみたいになりたい、という声もあった。
事実、NBAを代表するスターの一人であった。

しかし

度重なる足首の怪我(復帰してすぐに故障の悪循環。その真面目さからオーバーワークがたたった)そして手術後の感染症にかかってしまい、死の渕に立たされた彼。

その彼が今年のマジックを支えている(もちろんフランシスなど、メンバーもいい感じではある)。
あれから、4年の月日が流れた。
その4年はとてつもなく、長かっただろう。
並の選手であれば、もうとっくにギブアップしてリタイヤしているだろう。

それは彼にはできなかった。いや、しなかった。だからこそ、彼は今もここにいる。

今年のオールスター。
彼のプレーをオールスターという華やかな「お祭り」で見られる事はなによりも嬉しい。
マリア様対日本人
絶賛開催中の、東レ・パンパシフィックオープン。

マリア・シャラポワは順当に勝って、ベスト8進出。
浅越しのぶ選手も日本人としては久しぶりにベスト8に進出。

で、この二人が準決勝で対戦します。

なんというかなぁ、浅越さんは好きなプレイヤーなんですが、

ごめんなさい。
マリア様に夢中なの♪


という事で、今日も急遽TV放送されたようですが、明日も明後日も放送されます。

チェックするしかないでしょう(笑
WOWOW。
今、メールマガジンみた。

今節バルサ戦はWOWOW3で2回放送でWOWWOではしないという事で、結構切れてたんですが、変更があってWOWOWも放送するようで・・・

よっぽどクレームとか反感があったんじゃないかと
容易に思ってしまうのは私だけでしょうか(笑

っていうか、みんなそういうのに労力使えるのもすごいと思いますが。本当にかけてるらしいし。

なんにせよ、喜ばしいことには間違いないのですが・・・。

とおもってWOWOWのHP見ると、あれ?
バルサの試合が4回もあるの????(WOWOW33回)

その代わりビルバオ対バレンシアが抜けてる。
それはないんじゃないでしょうかね、WOWOWさん。

大久保の試合を2試合する必要性もレアルの放送も2試合するのも、バルサの試合を4回するの、


非効率


じゃないですかね?特に4回する必要性は感じない。
これ、バルサファンからクレーム入れられて急遽放送入れて、
解決したとおもってるんでしょうかね?

リーガ・エスパニョーラを馬鹿にするのも程がありません?

サッカー分かった局がやったほうがいいなぁ。

シリアに3-0で勝利
したらしいんですけど、見てないです。

というか壮行試合には全く興味がありません。
全然まだ興味持てる代表さんたちではないので。

とりあえず、9日の北朝鮮戦はワールドカップ予選ですので、
見ます。

つまんない試合してもいいから、勝って。
それだけ。

あと、稲本と中田を「落選」といつもいう新聞社、ボキャブラリーがないんでしょうね。レベル低いと何故思わん?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。