プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃ、こら~  3冠消滅。しかもコパ・デル・レイ1回戦負け(怒
バルセロナなど敗退 サッカーのスペイン国王杯

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい!
なにやっとんねん。


優勝回数24回(歴代1位)を誇るコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)第1回戦。
アマチュアに敗退?
記事ではロナウジーニョが居なくてとか書いてますがはっきり言って関係ないと思いますけど。詳細は見てないのでわかりませんが、結果はわかります。

全員反省すべき!!!!!!
これでリーガ優勝できなきゃ、もう終わりだ。

1回戦負け?んーありえない。
サラゴサもバレンシアも負けたの?

あーあ、レアル・マドリーだけには優勝させたくないな。マジで。

気分わる。
スポンサーサイト
なんじゃ、こら~  3冠消滅。しかもコパ・デル・レイ1回戦負け(怒
バルセロナなど敗退 サッカーのスペイン国王杯

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい!
なにやっとんねん。


優勝回数24回(歴代1位)を誇るコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)第1回戦。
アマチュアに敗退?
記事ではロナウジーニョが居なくてとか書いてますがはっきり言って関係ないと思いますけど。
詳細は見てないのでわかりませんが、結果はわかります。

全員反省すべき!!!!!!
これでリーガ優勝できなきゃ、もう終わりだ。

1回戦負け?んーありえない。
サラゴサもバレンシアも負けたの?

あーあ、レアル・マドリーだけには優勝させたくないな。マジで。

気分わる。
純粋たる才能  バレンティーノ・ロッシ4連覇
ついに決まった。

世界選手権シリーズ第15戦オーストラリアGPでまたもバレンティーノ・ロッシが優勝。今季8勝目をあげて、4年連続のワールドチャンピオンを飾った。(ジャコモ・アゴスティーニの7連覇(通算8度),ミック・ドゥーハンの5連覇がまだ「山」としてそびえたってはいる。)

ヤマハにとってはレイニー以来12年ぶりのチャンピオンを輩出し、ヤマハ自体シーズン8勝は初めて、しかも、直前にロッシがホンダから移籍した年に決まったという(エディー・ローソン以来の快挙)恐るべき才能を味方にして勝ち取った。

ロッシはこれで最高峰クラス79戦41勝。うち表彰台が64度(今回で全クラス併せると史上5人目の通算100度目の表彰台)。勝率52%、表彰台奪取率81%。

現在、比類なきドライバーであり、走りは鮮烈。
しかも、屈託のない笑顔と自分では説明できないコントロール能力。

純然たる才能がここにある。
人はそれを天才と呼ぶのだろう。
しかし、天才という言葉では測れないものをその笑顔に感じてしまうのはわたしだけではないだろう。

その走りは嫌味な速さではない。観る者をも魅了してやまない。
(ここが顎マッハと違うところ)

唯一無二な存在。
今モータースポーツにおいて私たちはその鮮烈な歴史を見ているに違いない。
バルセロナダービー バルサ対エスパニョール
バルセロナダービーは0-1でバルセロナが勝った。
デコのある種、ラッキーではあったものの、前半9分のシュートで先制し、そのまま逃げ切った。

まぁ、正直、何箇所かは見所はあったもののダービーということで勝つ為に優先しなければいけない面もあり、少々退屈な部分はあった。プジョルが倒れたのを見て、おいおいまた怪我人?勘弁してよ、とか思った人は私だけではないだろう。
全体を見てすばらしいサッカーだったとは言うまい。

しかしながら、勝利したことにより、また勝ち点差を広げた。
レアルマドリーとも三試合勝利分の勝ち点9も離れた。

そして、メッシー。
彼がピッチにたった。まだ若い。もちろんまだまだだろう。けが人続出での出場だと思う。ただ、そのチャンスをモノに出来るかどうかは彼次第でもある。

しかしその新しいに乾杯をしたい。

そして、レアル・マドリード対ベティスは1-1。
ベティスは勝てるチャンスを逃したという感じですな。
明らかにどちらが格上(笑)なのかわからなかった。

相変わらず迷走を続け、出口の見えないサッカーをするレアル・マドリー。
ばらばらもここまで行けばひどいものだ。
そして、ガラクティコス以外の選手層の薄さ。今までの補強の「ツケ」を支払いつつ、若手の育成を疎かにする(放棄した)チームに未来なぞありはしない。
速報!  琢磨は決勝4位
F1 日本GP 決勝は先ほど終わり、佐藤琢磨は決勝でも4位フィニッシュ。

優勝は、全く異次元で面白くともなんともないミハエル・シュマッハが
今季13勝目。
全くもって、いい加減にして欲しいぐらいの勢い。

以下
2位 ラルフ・シューマッハ
3位 ジェイソン・バトン
4位 佐藤琢磨

当初、一時2番手にあがったが、中盤ペースがあげられなかったが、
この結果は仕方ないのではないかと思う。
ずっと上位を走っていたわけだし、この4位はすばらしい4位だと
思います。
そして、3,4位にBARホンダが入り、ルノーとのコンストラクターズ
争いにも差をつけることができたことも、チームとしてすばらしい
結果につながった。
佐藤琢磨 予選4位!  日本GP
日本GP 予選 佐藤琢磨は4位スタートです。
今季2度目の表彰台なるか!

予選・決勝を一日でするために、全員一発勝負に近いものがあります。
ですから今日は何が起こるかわかりません。
もしかしたら、日の丸がポディウムの一番上に立つかも。
観客の琢磨コールがこだまします。

予選結果
M.シューマッハ(フェラーリ)   1'33.542
R.シューマッハ(BMWウィリアムズ)1'34.032
M.ウェバー(ジャガー) 1'34.571
佐藤琢磨(B・A・Rホンダ) 1'34.897

とにかく、強い台風です。
東京は本日、とても強い風と雨です。
台風22号の接近ですが、私が東京に来て3年。

これほど、強い風と滝のようにずーっと降り続く雨は正直、
記憶がありません。
いや、大阪でも本当にあったかどうか・・・。

皆様は大丈夫ですか?
世間ではせっかくの3連休だというのにね。

本当は有明に行く予定でしたが、さすがにこの天候で出て行くほど
愚かではありませんので、残念ですが、テレビで見ることにします。

それぐらい強い台風です。
皆様、お気をつけ下さい。
やばい!!もう始まってた!マリア・シャラポワ
シャラポワ効果!決勝前売り完売 テニスAIGジャパンオープン 第2日

やばいです。激忙しいのに、気づけばもうジャパンオープン始まってるよ!!!

アー、行きたい!!!!
どうする、ちゃびさん(爆)

時間調整しないと。
やばいです。でも、行くといったら行かないと。
It's a historical moment!!!  イチロー258
ついにこの日がやってきた。

シアトルマリナーズのイチローがジョージシスラーの持つ、不滅の記録とうたわれたシーズン最多安打257を今日追いつき、そして追い越した。
あいかわらず、あっさりと。
加えて、4年間の安打でもテリーの918安打をも追い抜いている。

まさに歴史的な瞬間に直面をした気分である。

思えば、彼が日本で1軍に上がってきたときから「規格外」であった。
数々の記録とともに、海を渡り、そして彼の地でも同じく「規格外」の
事をやってのける。

それはある意味恐ろしいものである。
通用するとかしないとかそういうレベルなぞ初めから越えていたのだから。

記録が達成された瞬間。
正直、こういうものに直面したときに、言葉なんていらない。
すばらしい、とかすごいとかすらいえない気分である。
おめでとうという気持ちすらなかった。
私はただ、そのシーンに感動するだけであった。
もうそれで充分だった。

しかしながら、メジャーリーグはこういう瞬間はいつもいつもすばらしい。リプケンもマグワイヤの時もそうだったが、達成した瞬間、観客すべて、そして選手・スタッフまでもが彼を賞賛する。賞賛すべき時には諸手をあげてリスペクトする。まさにアメリカ、なのである。

だからこそ、私はメジャーのほうががすきなのだ。
つまらない日本の「エセプロ」野球なんてスケールの非ではない。
日本は選手も含めてもっとプロフェッショナルとリスペクトされるように努力をすべきである。

マリナーズ全選手が出てきて、彼を祝福した。
そのシーンはこちらも熱くなるほどの、感動的なシーンであった。
彼は汗をふいただけですよ、というかもしれない。それでも笑顔とともに彼の中にこみ上げているものがあったのではないだろうか。そして、シスラー氏の娘さんをはじめとした親族への挨拶。
過去と現在をつなぐかのような象徴的なシーンだった。
そして、観客のスタンディングオベーションと歓声。本当にいいシーンだ。

彼は記録を達成した。今259安打で記録更新;スチールなど彼のスタンダードプレーにあっさりと戻っていること自体がすばらしい。

今現在彼の記録を破る事ができると考えられるのは世界中でただ一人。
ICHIRO本人だけだろう。

偉業。そんな言葉などもう必要ない。
確かに彼は今日258安打という新記録を達成した。

しかし、彼はまだ歴史を刻む。
そう、今シーズンが終わっても、彼がプレーを続ける限りである。

その痛快さを私たちは観客として楽しもう。
おめでとう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。