プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーむ 個人の勝利? レアル・マドリー対ASローマ
まぁ、見ている途中1点返した所で、書くのをストップしていたわけですが、結局、あの後ローマにも主審にも助けられ(ただ、ローマの1点も審判に助けれたっぽいので相殺)「個人」で「チーム」を砕いて4-2でなんと逆転した。
ロベカルの4点目のゴールは素晴らしかったですが。

お互いチームが出来ていない状態で試合をしたら、
個人が強い方が勝つ、ということでしょうか?
そういう意味では参りました。やはりすごい選手たちです。
チームとしては全く機能してませんので、全然ほめられませんが。

ディナモ・キエフがレバークーゼンを下し、2勝。
やはり、キーチームとなるのはディナモ・キエフということか。

残り4試合。まだ、ローマにも幾分チャンスはある。
しかし、混沌とした状態で
勝ち抜けるほど甘くはない。

それはレアル・マドリーも同じだ。
スポンサーサイト
我侭が無秩序なればこれほどもろい
今、チャンピオンズリーググループリーグをLIVEで見てます。
レアルマドリー対ASローマ。
前半22分ですでに2-0で負けてます。
1点目はまぁ、完璧にオフサイドなので、アンラッキーな失点でした。
それは同情します。

しかし・・・なんだ、このサッカー?

レアル・マドリードさんって確か銀河系とか言われていい気になっていて、
おまけに日本ではフジテレビさんとタッグを組んで、視聴者にあたかも錯覚させるように情報として世界最高のチームと言ってはばからない実は「えせ」最高のチームさんです。

何度も言ってますが、このチームに世界最高峰の「選手」はたくさんいます。
しかし、世界最高のチームでは断じてありません。

我侭な超一流選手に手を加えようとして、上手くいかなかったカマーチョさん。
貴方には同情します。しかし、貴方が辞任した選択は正しい。
こんなチームやらないほうがいいですから。

ほら、秩序のない選手たちの動きはもろい、もろい。
さすがはリーガでは2敗しているチームですね。
真ん中空く、空く。ほーらそこに放りこまれる。
あれ?サイドに展開されてるよ、あれれ、ふられちゃってるよ(笑

おもしれー。巷では強いレアル・マドリーをたたくのがバルサの指名というのを見ます。そう、それもわかります。
でも、それってただの「アンチレアルマドリー」ですよね。バルサ対メレンゲというよりも、メレンゲとそれ以外って話になっているようで、何か違うような気もします。まぁ、いいですが。

対してローマはディフェンスラインしっかりしてます。
イタリアのチームに0-2から追いつく事ができるかな?

苦し紛れにロベカルばっかロングシュートを打ってます。
ここでも「個人」ですか?そう、それはメレンゲのサッカー。
でも、昨年のチャンピオンズリーグ、EURO2004の勝者はそういうサッカーだったでしょうか?

彼らは口だけで、何も勉強してないようです。
と傍からいうと、ラウールが一人で打開しました。1-2に。

まだ試合は終わってない。追いつくかもしれない。勝つかもしれない。
しかし、こんな試合をしているようでは、チャンピオンズリーグ優勝なんて口が裂けてもいえないはずです。

今年も無冠かな?ご愁傷様。
すばらしき敗北 レアル・マドリー 欧州CL
(グループA)
リバプール  2-0 モナコ
デポルティボ 0-0 オリンピアコス

(グループB)
レバークーゼン 3-0 Rマドリード
ローマ 0-1 ディナモ・キエフ(中断→延期)

・・・フリスクさん負傷のため試合延期。大丈夫ですかね。しかしよりにもよって、フリスクさんか・・・。

(グループC)
アヤックス 0-1 ユベントス
マッカビ・テルアビブ 0-1 バイエルン

(グループD)
フェネルバチェ 1-0 スパルタ・プラハ
リヨン 2-2 マンチェスターU

==========================================
昨日の後に追加しようと思ったのですが、レアル・マドリーがぼろ負け記念で、別にしておきます(笑)

いや、すばらしい!!!!
楽しく見させていただきました。
なんかすごい気持ちいいんですけど。

ちょっと時間がないので、書ければまた。

まだまだ、あのCL決勝戦の「カリ」を返したわけではないだろうが、レハークーゼン最高です。
2004-5 チャンピオンズリーグ開幕
いよいよ、チャンピオンズリーグが開幕しました。
まぁ、さすがに順当勝ちといったところでしょうか。
15日に行われる結果をあとで追加します。

(グループE) 
アーセナル 1-0 PSV
パナシナイコス 2-1 ローゼンボリ

(グループF)
シャフタール 0-1 ミラン
セルティック 1-3 バルセロナ

デコ・ジウリー・ラーションの揃い踏み?
セルティックのカップ戦 ホーム無敗を19でストップさせました。

(グループG)
インテル 2-0 ブレーメン
バレンシア 2-0 アンデルレヒト

(グループH)
パリSG 0-3 チェルシー
ポルト 0-0 CSKAモスクワ
バルサ2連勝。でも。
バルサがとりあえず、開幕2連勝しました。

のはいいんですが、モッターーーーーーー。
が全治6ヶ月?(左ひざの複数のじん帯損傷)

まじかよーショック。

静岡のエコパの公開練習時にロニーと同じく、最後までファンサービスした姿は忘れないです、はい。
それだけでいい奴決定なのでした。

うーん、うーん、残念。とりあえず、ゆっくり直すしかないので、無理しないように。


あと、ジミー・ジャンプ。
またまた何やっとんねん。
お前は永久にくんな。
どんだけ邪魔すりゃすむねん。

こら、エトー。お前もかぶんな。あほか。
おまえ、そんなんスペクタルでもなんでもないやろ。

と怒ると関西弁になるライヴマスターでした
(育ち大阪。しかし、話し言葉はすっかり裏切り者)
皇帝とは違う「強さ」 バレンティーノ・ロッシ
MOTO GPもいよいよ終盤戦。

バレンティーノ・ロッシがポルトガルGPで今季6勝目、ポルトガルGP4連覇をあげ、2位ジベルナウとの差を広げた。まだまだわからないものの、圧倒的な強さを持って、ランキング1位に君臨している。

初参戦が96年125cc クラス9位、97年同チャンピオン、翌年250cc2位、1999年同クラスチャンピオン、2000年 500cc 2位、2001年500ccチャンピオン(全カテゴリー制覇は史上2人目)、そして最高峰がMOTOGPとなって、2002年、2003年 チャンピオン。現在最高峰クラス3連覇。今年を含めて、実に8年。ランキング2位以下になったことがない、という圧倒的な強さが彼にはあります。そして、この4カテゴリーでチャンピオンになった人物は彼ただ一人。

まぁ、経歴など改めて語るとして、今季はホンダからヤマハにチームを変えて、この結果である。
しかも、ホンダのアドバンテージも大きいのだ。

それは何を意味するか。

彼、バレンティーノ・ロッシ自身こそが強いのだ、という事実である。

メーカーが違っても勝てる。それは恐ろしい事実うに他ならない(ちなみにこのケースは史上3人存在する。が、4連覇などというケースはもちろんない)。

F1のシューマッハー(以下、顎)とはまったく意味が違うのである。まぁ顎は顎で結果という意味で、誰も到達できないような位置にいる。
しかし、私自身今のF1に何の面白みも感じないし、80年代の強いライバルとのしのぎを削って「バトル」が繰り広げられた時代と比較しても、退屈で仕方がない(佐藤琢磨のおかげである部分ではずいぶんと楽しんではいるが)。今の彼にチームを変えてまで走る意味はないだろう。非常にゲルマン的である。一方、ロッシはとてもイタリア的だといえる。

まだ、25・26歳。ジョン・サーティースのように2輪と4輪でチャンピオンになれる可能性を持った、恐ろしいライダーなのかもしれない。それとも、「伝説の」アゴスティーニ(通算8度チャンピオン、68勝の記録保持者。ロッシは3度・39勝)をも上回るのか。


日本GP開催まで後5日。
迷走 どこへ行くバレンシア
まず、ニュースを二つ。どちらもスポーツナビより。

バレンシアのラニエリ監督、戦略不徹底に怒る=スペインL

バレンシアのシソコ、“作り話”がバレて騒動に=スペインL

いやぁ、何やってんでしょうね。シソコ、19歳とはいえ、5歳ぐらいの子供がつくような嘘は勘弁してよ、って感じです。若いし、有望だけど、何かネジが外れてる。

ラニエリこの類の話大嫌いなはず。干されなきゃいいですけどね。
さて、昨季優勝のバレンシア、イタリア化してまだまだチームとしてもまとまってないこの時期にドタバタです。

さてさて、どうするどうなるバレンシア?
一つの時代の終焉は全ての終焉ではない タイガーとデュバル
男子ゴルフの最新世界ランキングが6日発表され、ヴィジェイ・シンが「ついに」1位に浮上し、1999年8月8日から264週連続でランキングトップを守ってきたタイガー・ウッズがトップより陥落した。その前の最長記録グレッグ・ノーマンの記録をほんの数週上回ったことは、何の慰めにもならないだろう。

しかも、このトーナメントでシンは優勝しての逆転である。彼の練習熱心、ゴルフに打ち込む姿も含め、もはや文句の付けようのないランキングの逆転劇である。

これはあるひとつの時代の終焉である。
そう、タイガー最強の時代の。

しかし、彼はまだ終わらないだろう。群雄割拠の時代の中で、輝きを取り戻す力があると思うからだ。選手としての力はまだまだTOP選手だと思う(ただ、彼は他人の意見をもうちょっと聞いたほうがいいが)。

まぁ、タイガー時代はタイガーバブル、とも言うべき現状だったのではなかろうか。あらゆる記録を次々と塗り替えた。
思えば、あのときが強すぎた。だから、今は勝てない=弱いという思考になりがちである。ただ、それは性急な意見だと思う。

彼が勝てなくなった、というよりも、やはりクラブなどの急激な進化がタイガーと他の選手とのアドバンテージを無くしてしまったのが最大の要因だと思う。ここ数年のクラブが私が見ても、全然変わってしまっている。(タイガーはナイキを選択した時から、おかしくなってしまっている。また、タイトリストを使用していた時代はあれだけ時代と逆行したクラブで圧倒的なアドバンテージがあった)

そうすると、彼の時代が復活することは、まだ先なのかもしれない。
しかし、ある地点の過渡期は終焉とはならない。

そして、この大会にもうひとつトピックスがある。
これは絶対に外せない話題だ。

このランキング交代が行われたドイツバンクUS選手権。デビッド・デュバルが今季初の予選通過を果たし、5アンダー13位タイで終えた。この13位タイの賞金$93,750(約1,030万円)は、去年獲得した賞金総額を上回るものである。

タイガーと双璧をなした時代をつくった元ランキング1位。メジャーではなかなか勝てなかったものの(勝利してます)アメリカのツアーでは圧倒的な強さであった。そのプレーは精密機械そのもの。プレーに派手さはないものの、強い、と言わしめるものがあった。

そう、彼も時代を創った男の一人である。

しかしその後、彼は一言で言えば精神的な「もの」で悩み、苦悩し、無気力になり何も信じられなくなってしまった。それは彼からゴルフという競技を奪い去ってしまう。その結果、トーナメント上位はあろか予選さえ通らなくなってしまった選手である。

その彼が、ようやく一筋の光を見つけ、それはわずかではあるかもしれないが、長い長いトンネルの出口を見つけようとしている。

・・・今書いていて、気づいた。
デュバルは時代を取り戻したいのではない。彼がこれを通じて感じている、レーゾンデートル、彼が彼である為の「存在意義」なのだ、と。

ゴルフには数々のそうした苦難の末に復活劇がある。彼にもいつかきっとそれが当てはまるのだ、と願ってやまない。そう、それはもうすぐなのだ、と信じて。

時としてゴルフは人生になぞらえるものである。
そう、少なくても彼らはまだ終わらない。

彼らが彼らであるために。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

夢を「自分で」叶える力  田臥勇太 サンズと複数年契約
本当に、本当に念願の瞬間が訪れるかもしれない。

日本を飛び出し、NBAへの挑戦を続けていた田臥勇太選手が6日フェニックス・サンズと複数年契約を結んだ。

契約は確かに結ばれただけである。結んだだけで、ロースター枠に残れるかどうかはわからない。
基本的には、ガードとしては絶対的にスティーヴ・ナッシュが間違いないだろうから、バルボサやアイズリー、リチャードソン(彼もおそらく当確)などとの戦いになるのだろう。

しかし複数年契約を結んだからには、サンズにも何か勝算めいたものがあるのだと思う。(確かにサンズのサマーリーグに行ったっけ?そこの評価もつながっているかもしれないですね)

確かにNBA的に体格には恵まれないものの(まぁアイバーソンとか小さい選手でもやれるわけですから)、一部には評価されていたし、昨年もいい所まで残ってましたよね。課題とされていたチャンスメイクと得点力も今期の独立リーグでもまれたせいもあるのでしょうか。

それにしても、今日本では田臥君のCMががんがん流れているからグッドタイミングです。一気に浸透してくれるかもしれません。

外山選手をはじめ、たくさんの挑戦し続けた「壁」を今度こそ彼が取り去ってくれるのではないか、と期待してやみません。

本当に応援するパイオニアが出現したことで、ファッションだけでなく、もっともっとNBAが日本の人に身近になってほしいと思います。

本当に面白いですからね。

とにもかくにも朗報を期待し、そして、NBAのレギュラーシーズンでのピッチに立ってほしい。

それは、NBA好きの日本人誰もが願ってやまなかった事だと思います。

夢を自分の力で切り開く。その困難と辛さはこんなことでつらつら書いている私には、到底及びも付かない努力が必要だったのではないかと思います。(もちろん、自分の力+αが必要ではありますが)彼には自分で切り開いていく信念と技術と精神が伴っているのではないでしょうか?

その瞬間がきたら・・・・とにかく自分自身のために「楽しんでもらいたい」。誰の為にではなく、自分の為に。

その資格は君には充分あるはずだ。

その姿を見ることができれば、きっとそれだけで私たちも楽しむに違いないから。
欧州 ワールドカップ予選
欧州各地でワールドカップ予選がおこなれました。
なお、まだ登場していない国もありますので、順位などは書きません。今書いてもしかたないので。

1組
ルーマニア  2-1 マケドニア
フィンランド 3-0 アンドラ

2組
トルコ   1-1 グルジア
デンマーク 1-1 ウクライナ
アルバニア 2-1 ギリシャ

EUROチャンピオンはアルバニアに負け。フロックと言われないようにね。トルコも引き分けちゃったよ。次戦はこの2チームの対戦。デンマークも何気にドローです。

3組
ロシア   1-1 スロバキア
エストニア 4-0 ルクセンブルク
ラトビア  0-2 ポルトガル

クリスチアーノ・ロナウドなどの得点。ラトヴィアまけちゃった・・・。

4組
アイルランド 3-0 キプロス
スイス    6-0 フェロー諸島
フランス   0-0 イスラエル

フランスチャンスかなりあったんですけどね。ドロー。これがワールドカップの予選なんです。

5組
イタリア  2-1 ノルウェー
スロベニア 3-0 モルドバ

イタリアは順当に勝つ。

6組
オーストリア   2-2 イングランド
北アイルランド  0-3 ポーランド
アゼルバイジャン 1-1 ウェールズ

イングランド2-0で勝ってたのに、追いつかれてドロー。こんなもんです。

7組
サンマリノ 0-3 セルビア・モンテネグロ
ベルギー  1-1 リトアニア

8組
アイスランド 1-3 ブルガリア
クロアチア  3-0 ハンガリー
マルタ    0-7 スウェーデン

これからが長丁場。しかし、結果だけ見ても非常に気づく点ありますね。全勝で行くことはないんです。これは予選。残ればいい。日本はどうですか?まさか全勝が当たり前とか思ってませんか?要は出場権を獲得する、それが命題です。
シャラポワファンのみなさん。来日決定してますね。
いやぁ、ネタが全然ないのですよ。
苦し紛れじゃないですよ。と断っておいて。

マリア・シャラポワに「やられてしまった」みなさん。気づけば、ジャパンオープンまであと1ヶ月じゃないですか!!!!!!
来日も本決まりで、うれしい限りです。

それにしても、ウィンブルドンが終わって、テニス雑誌の表紙はずーっとシャラポワばっかりで、そろそろ飽きてきたなぁ・・・・とは全く思わない今日この頃。

チケットの準備はOKですか?(まだ買ってませんが。ちゃびさんどうしましょう?)

さて、そろそろ真剣に考えて見ましょう。
観戦やチケットなどアドバイスなどがある人は是非、教えてください。

なんせ、テニスの試合に行くのは、IZAWAOPEN以来10年ぶりぐらいですからね。

全然関係ないんですが、マリア・キリレンコもお勧めです(何が?)。まぁ、本当は関係なくもないのですが(シャラポワとダブルスのペアだったり)。
いや、女子テニス綺麗な子が多くなったなぁ。

基本的に日本人選手以外の試合ってメジャー大会しか見ませんからね(今、全米テニスオープンやってますが、キリレンコは負けちゃいました)。

・・・ネタないや。
移籍市場のタイムリミットが過ぎて。
運命の8月31日。この日ばかりはサッカー界は大忙し。なぜなら移籍市場のタイムリミットが締め切られるからである。さて、一応ざっと気になるのだけ、まとめておく。

・サビオラ(バルサ→モナコ)
とりあえず、先の文章に書いてあるので略。がんばれ!

・ミド(マルセイユ→ローマ)
基本的にメンタルな部分さえ乗り越えてしまえば、脅威。それをどう克服するのか、ただそれだけ。技術に関しては、ローマの戦力を強固にする。

・イブラヒモビッチ(アヤックス→ユベントス)
・カンナバーロ(インテル→ユベントス)
ユーべはいい補強しましたね。ズラタンはどういう活躍をするのか、楽しみです。特にイタリアの至宝の一人といってもいい、カンナバーロ。完璧です。

・ファブリツィオ・ミッコリ(ユベントス→フィオレンティーナ)
・ヨルゲンセン(ウディネーゼ→フィオレンティーナ)
フィオレンティーナはこれまた適切な補強をしましたね。強力かつ本気です。残留争いではなく、カップ戦圏内争いするために。ミッコリはある種かわいそうですが、アレックスは出さないでしょ、そりゃ。中田君、戦力は整いつつあります。あとはチームの機能です。ヨルゲンセン好きな私としては、ヴォオラは大注目です。

・アモルーゾ(モデナ→メッシーナ)
いや、何か渋いので、入れときます(笑。彼もまだまだ大丈夫です。柳沢君頼むよ。

・ルーニー(エバートン→マンU)
やっぱりねー。彼はこのユニフォーム絶対に似合いますよ。ただ、成功するかどうかは別の話ですが。まずは骨折を直しましょう。

・稲本潤一(ガンバ大阪→ウエストブロミッジ)
プレミア残留おめでとう、しかも完全移籍(ガンバのタイミングもありますが)。悪いけど、おそらくフルハムは落胆することでしょう、ってぐらい活躍してほしい。彼のポテンシャルはまだこんなもんじゃない。カヌもいるし、面白いかも。

・ルイス・ファビアーノ(サンパウロ→ポルト)
ローマにならずにポルトに。彼以外にもポルトはいい戦力補強できていると思います。ただ、じゃあ去年とどうなんだ、といわれると微妙ですが。

・ドゥドゥ(柏レイソル→レンヌ)
彼の移籍はレイソルにとっては残念でしたね。まだこれからの選手です。レイソルで機能しなかった分、海外で活躍し、そしてカナリアへと行き着く。そんなシナリオが待ってるかもしれません。
あと、アルメイダがブレシアとかね、いろいろありますが。

おまけ
ルディー・フェラー(ドイツ代表→ローマ)
ここからどうチームを作っていくのかが楽しみ。かなり大変な作業でしょうが。ブランデッリは辞めてもファンに見送られましたね。

さて、この移籍が吉と出るか凶と出るか。
とても楽しみである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。