プロフィール

ライヴマスター

  • Author:ライヴマスター
  • とりあえず、ライヴドアの馬鹿げた三流規約が嫌になったので、引っ越してきました。何かございましたらlive_master@hotmail.comまでメールを下さい。もれなく管理人が喜びます。






カレンダー

02 | 2004/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

人気blogランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ライヴマスターのスポーツ倉庫盤2
多分ですね、スポーツ好きという括りでは収まらないんじゃないでしょうか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中嶋親子
さて、アーセナルがマンUと引き分け30戦無敗というプレミア新記録を作り、ローマ対ボローニャ戦で中田英寿がアシストをきめ、なんとなんとボローニャがローマにアウェーで25年ぶりに勝って3連勝したセリエA、バルセロナは順延となったリーガなどサッカーも面白い週末でしたが、今回取りあげるのはモータースポーツ。

フォーミュラーニッポンが開幕。正直、今年はどうかなー、と思っていた中嶋悟監督率いるPIAA NAKAJIMAの小暮選手(予選3番手)が優勝、2位にも予選13番手からのロッテラーがはいって1,2位フィニッシュを飾った。

小暮選手のピット作業で、タイヤを右側だけ交換するという、非常に珍しい作戦がピタリとはまって、トップになるという完璧な「作戦勝ち」。ものすごい良いレースだった。小暮選手は2年目で初優勝。「今年は2年目で言い訳ができないので・・・まず表彰台・優勝を」とスタート前のインタビューで言っていたが、いきなりの有限実行。

 昨年は正直良いシーズンではなかっただけに、今年はインパルを初めとした他のチームにも大きなインパクトを与えたはず。楽しみである。そして、もう一つ。
中嶋さんの息子一貴君が全日本F3で、開幕戦(土曜)優勝(F3 デビュー戦でWIN)に続き、2戦目も圧倒的な走りで2連勝。

なんと、親子で同じに勝利を味わうという日になった。「息子のことばかり書かれて・・・」と言っていたらしいが、そのコメントはとても中嶋さんらしい。そこに「中嶋悟」という人間性が見え隠れしていると感じる。

一貴君はF3まで上がってくるまで順風満帆とはいかなかったが、着実に上がったからこそこういう結果がでていると思ってます。いつか彼がF1に行く時、中嶋さんはどんな顔で息子を見るんだろう・・・。

私にとっての「日本一速い男」は星野一義ではなく中嶋悟であり(事実F1に上がる前の日本F2では敵はいなかった)、一番”好きな”F1ドライバーは今でも「中嶋悟」である。
スポンサーサイト
イワン・ソープ
イワン・ソープが400M自由形でフライング失格、オリンピック代表を逃した。

いや、実は全然関係ないんですけどこのブログ用にジムソープに触れた文章書いてた途中だったんですね。(ちなみにイワンソープとジムソープは全く関係ないです。ジムソープは1910年代~に活躍した「万能」なスポーツマンです。陸上・野球・アメフトで活躍。1950年AP通信が行なった「20世紀最高のスポーツマン」に選ばれてます。しかしながら不遇の生涯でした。)

さて、イワンソープですが、一発勝負の選考会の怖さを改めて思い知らされました。高橋尚子以上の「最有力候補」が消えた。これこそ、びっくり、である。
2日後に200mの選考レースがあるそうだが、どうやってそのモチベーションをあげてくるのかが、気になるところである。

ところで小出監督が高橋からあきらめられないとか発言してたとか記事になってましたね。
ひじょーに馬鹿げた話ですね。それこそスポーツマンじゃないですよね。結局、タレントと何かと人気商売と勘違いしてるから名古屋回避したり代表落ちるんだって。笑った。
サッカー
レアルがリーグ戦でオリンピック・ビルバオに負けた。
先日のスペイン国王杯の敗戦、リーグ戦ドロー・ドロー・今回の負け。
全く良い所がない。確かにけが人多いからね。

最近リーガエスパニョーラの試合を見てないので、なんともいえないのだが、えてしてこういう時って、この前のユベントスみたいにことごとく上手く行かなくて、どんどん落ちていくんだけど(それ希望)、無理だろうなぁ・・・。

一方、プレミアリーグのアーセナルが開幕以来29戦負け無し。22勝7分。これはプレミア記録に並んだ、との事。
ベンゲルの手腕もすごいんだけど、やっぱりティエリー・アンリ。レアルには行って欲しくないです(噂あり)。

そういえば、今日はボローニャ対ブレシア。中田とロベルト・バッジョが楽しみですが、バッジョが今季限りの引退は残念。来期、ボローニャで中田・バッジョ・シニョーリなんて見たいんだけどな。
サッカー日本代表 オリンピック へ
もう、そのままですね。
UAEに3対0で勝ちました。
見事にアテネオリンピックへの切符を手にしました。
予選なんて、内容なんかどーでもいいです。結果が全てです。
多分、かなり苦しかっただろうけど、ほんとによかったです。
ガラクティコス失速!
はじめに、今日見たらトラックバックしてくれた方がいらっしゃいまして、すごく嬉しかったんですね。もう、すぐコメント書きに行っちゃいました(マレーシア在住の方みたいです。おっと、もうすぐF1マレーシアGPだ)

この場を借りてお礼申し上げます。

さて、ガラクティコス。知ってますか?
「銀河系集団」。いわゆる「レアル・マドリード」の呼び名です。
そのレアルがスペイン国王杯決勝でサラゴサに延長戦までもつれ、3-2で負けました。

はい、残念でした(笑)。
これで、今年のタイトル総なめはなくなりました。
いやーよかった、よかった。

[READ MORE...]
尚子、落選。
高橋尚子がオリンピック女子マラソンの代表選手より落選した。

・・・はっきりいって、当然である。
今回の決定は、珍しくまともである。
土佐選手・坂本選手よりタイムは下、又レースの内容も30KM過ぎで失速した高橋選手に比べ、土佐選手は大逆転、坂本選手は5KMのラップが15分台(女子30KM過ぎでこのラップは賞賛する)。
タイムも内容も負けていたのだから。
過去の実績、といっても過去とレースをするわけではないのだから、「過去」はあくまで「過去」なのであって、実績はやっぱりここ1年を見るのが不思議ではない。そういう意味でも、高橋選手は少し下降線気味のレース(たとえ1位であっても)をしていた記憶しかない+今回の選考の失速、で致命的だった。

マスコミやCMなどに「うけ」のよい、人気の高橋尚子が出ないとあって、今結構混乱しているかもしれないが、ここに関しては至極真っ当な選考のため、残念でした、というしかないです。

さて、ここで言いたい。
[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。